マンション管理士本試験まで9日

「更新記録」
・今日のパフィオ → 「Paph. Matrix


沖縄も冷え込みました。今秋初めての重ね着。 再来週には本州で試験を受けるのですが、こんなものではないという事は 2004年の2月に望月蘭園さんを訪ねた時に経験済み。「芯から冷える」寒さを経験しました。体調管理には気をつけなくては。

今日更新した Matrix は S.ratrix の F1世代。 これから続々と出てくるでしょうし、ブラキ系育種の主流となるでしょう。 開花が楽しみです。

話変わりますが、私にとってのビッグニュース! 私が契約しているプロバイダーさんの太っ腹で、ホームページ・ブログのトータル容量制限が従来の 100M(メガ)から、何と「3G(ギガ)」に増量されることになりました! あまりにも桁外れの増量ですが、もちろん嬉しいです。良かった良かった。

今日でマン管、管理業務主任者の過去問全て、計 400問を解き終わりました。何とかそれぞれ9割は確保しています。先週から1日 150~200問を解かなければならないというプレッシャーと戦ってきましたが、やっと一息つけました。それにしても1日に解く問題の数が 50減るだけで学校から戻ってくる時間がこんなに早いとは! 学校帰りの園芸コーナーも今日はじっくり観察することができました。週に1,2度立ち寄るのですが、毎回シンビジュームの新しい品種が入荷されています。「デイライト」、「ラウル」、そして「愛子さま」。 非常に柔らかいピンクの花が印象的でした。シクラメンは濃い紫紅色に加えて白いクサビが入る「スプラッシュ」タイプが入荷されています。見事な株つくりですが、生産元は本州でも非常に過ごしやすいと聞いている八が岳山麓のようです。 沖縄では来年の夏を越えそうにありません。 残念です。

詳しいことは週末にでも「マンション管理士への道」に書き記そうと思っていますが、私が合格するための最大の不安材料、それは実は「マンション適正化法」です。この2つの試験を過去に受けた方、これから受ける方はもちろん御存知だと思いますが、宅建主任者試験同様、マン管、管理業務主任者にも「5点免除」システムがあります。その5点とは「マンション適正化法」5問。 本試験で出題される適正化法は5問のみですから、つまりまるまる5問免除されるわけです。これがどういうことかというと、私のように5点免除を受けられない人にとっては、この適正化法を1問でも落としてしまう=ハンデを背負ってしまうと言うこと。 私にとっての不安材料と言うのは、これまでに全国模試、直前模試を受けましたが、1度もこの法律5問を全て得点することができませんでした。もちろん、5点免除システムは知っていたので、この5問は特に意識を集中して解いたつもりです。それでも全問正解ならず。 しかも今日解き終えた過去問に関してもこの法律を9割確保できていない。 非常に厳しい状況です。現在、来週のスケジュールをどうしようか考えている最中ですが、この法律を最後の最後に復習しようと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント