自分にとってのプロ野球 2006 総括

今週の沖縄での「ナンだ!?」は、今年の4月に放映された「新庄剛志」の回(詳しくは当ブログの「4月20日」を御覧ください)のスペシャルエディション版でした。おそらく本州のテレビ放映より1週か2週、場合によってはさらに遅れていると思います。前回の放送に加え未公開のシーンを付け加えた今回の放送を見て、あらためて SHINJO さんのパフォーマンスを胸に焼き付けることができました。

既に何回も書いていますが、沖縄に生まれながらプロ野球の春季キャンプを見学するのは今年が初めて(その時の様子は こちらをクリック)。 長年のプロ野球ファンにとっては当たり前に捉えていると思うのですが、自分にとっては選手やスタッフのトレード、引退が数年の間に目まぐるしく起きているんだなぁとかなり驚いています。もちろん、昨年までの FA やトレード情報も目にしていましたが全くの他人事。 今年の春季キャンプで日ハムを含む6球団(沖縄本島のみ)を見学することによって、そういう事がかなり実感を帯びたと言う感じですね。 いずれ書こうと思っていたのですが、2004年の SHINJO さん及び日ハム外野選手による「ゴレンジャー」。 たった2年前の出来事なのに、5人(SHINJO、森本、坪井、島田、石本)の中で現在も日本ハムファイターズでプレーしているのが森本稀哲選手のみ。 僅か2年前の出来事ですよ。 今年の春季キャンプを見ても、日ハム実松捕手→巨人へトレード、カープ福地選手→西武へトレード、カープ木村選手→巨人へトレード、タイガース井川投手→メジャーリーグ、ベイスターズ牛島監督辞任などなど。 つい最近もベイスターズの小田嶋選手が巨人へ移籍しました。秋季キャンプを見学した直後、僅か2週間前の話です。他にも移籍ではありませんが、来年から日ハムの森本選手の背番号が 46 →1、ベイスターズの鈴木選手の背番号が 7 → 52に変更など。 当然、来年も沖縄に来ると思っていた選手が移籍や引退で来なくなる。 今に思えば SHINJO さんの最後の春季キャンプの姿を見ることが出来たのは、非常に幸運だったのかもしれません。

最後になりますが、応援している北海道日本ハムファイターズと広島東洋カープから2人の「新人王」が選出されました。八木智哉投手は確信していたものの、梵英心選手は、正直驚きました。横浜ベイスターズの吉村祐基選手がかなり有力視されていましたので。 広島カープ史上、新人選手としての最多安打記録更新もそうですが、何よりも堅実なプレーが評価されたと思っています。両選手、おめでとうございます。今年のレギュラーシーズン終了後、黒田投手の残留を含め、自分の中でカープに対するファン意識がかなりアップしました。いずれにしても来年の春季キャンプが楽しみですね。 ・・・ただし、春季キャンプのオープニングセレモニーはファイターズに行くことに決めてます。・・・、広島カープ、申し訳ない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント