プレイバック/沖縄春季キャンプ 2006 part3

3回も続けるつもりでは無かったのですが、どんどん画像が出てくるもので。 今回が最後。 締めはやはり「北海道日本ハムファイターズ」です。ホームページの画像は こちら を御覧ください。 ちなみに日ハムの春季キャンプは名護(なご)市の「名護球場」です。

これから紹介させていただく四選手はいずれも今年で日ハムのユニフォームを脱ぎました。当然来年も沖縄キャンプに来るだろうと思っていた選手がそうでなくなる。 これまでプロ野球選手の移籍や引退に全く無関心だっただけに非常に感慨深いですね。 何気なく撮影したスナップが実は最後の日ハムのユニフォーム姿だったと言う事に驚いています。

画像
「坪井智哉」選手。 CD-ROM の画像を1つ1つ確認したのですが、どうしても後姿だけの画像しかありませんでした。1回目の合同トライアウトに参加したまでは知っているのですが、その後の動向がわかりません。 まだまだ現役でバリバリ活躍できる選手だと思っています。
北海道日本ハムファイターズとの再契約が決まりました。

画像
「奈良原浩」選手も残念ながら後姿だけのスナップでした。中日ドラゴンズに移籍して初めてプレーを見た選手。 これからも頑張ってください。

画像
とにかく、「小笠原道大」選手が来年は日ハムのユニフォームを着ていないという事実に驚いています。FA によって巨人入りが決まった事についてはかなり論議が起こりました。にわかファンの私が小笠原選手についてあれやこれや言える立場ではありません。 ただ、セ・リーグから来た SHINJO さんがパ・リーグを盛り上げたように、パ・リーグ出身の小笠原選手もセ・リーグを盛り上げることが出来るでしょう。 最近のメディアへの出演は小笠原選手自身が自分の殻を破ってまでプロ野球界の盛り上げ役を演じているような気がします。これからも頑張ってください。

画像
締めはやはり「SHINJO」さん以外に考えられません。引退の年に日本一という華々しいプロ野球人生を終えました。春季キャンプ見学当時、中日ドラゴンズの落合監督以外にオーラを感じる選手がいなかったと書いた私の目は節穴だったようです。あるいは SHINJO さんが「もっていた」のはオーラでは無くカリスマ性だったのか。 今年のプロ野球を盛り上げた貢献度は測り知れません。 これからも別の舞台での活躍を期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント