北海道日本ハムファイターズ沖縄春季キャンプ 2007-part3

日ハム春季キャンプ風景、3日目の今日は捕手及び外野手です。

画像
昨日も書いたのですが、今回の見学で個人的なサプライズが3つありました。1つめが監督の髭。 そして2つめが「ファースト・高橋信二(背番号 30)」です。慌てて公式ページを確認したのですが、選手紹介では捕手のままでした。なので今回も捕手として紹介しますが・・・、あるいはコンバート? 巨人へ移籍した小笠原道大選手の後を埋める立場としてなら物凄い期待されてますね。 事の次第はいずれわかるでしょう。 それよりも今回の練習試合で左肩に痛い痛いデッドボール。 ペナントレース前のケガは非常にまずい。 その後もプレーしながら元気良く声を出していましたが大事に至らないことを願ってます。

画像
昨年の活躍は見事でした。鶴岡慎也捕手(背番号 64)。チーム連覇のため今年はその真価が問われます。頑張ってください。

画像
今回の練習試合でマスクを被った今成亮太捕手(背番号 62)。 ・・・すいません、全く知らんかった。 にわかファンの私ごときが言うのもナンですが、初回、ホームに返ってきたボールをファンブルして失点したのはちょ~っとまずかったなぁ。 一軍定着のために頑張れ!

画像
昨年は後姿しか撮影できませんでしたが(その画像は こちらをクリック)、今年は正面からバッチリ。 坪井智哉選手(背番号 7)。 試合での3塁打は観客からも足の速さにどよめきが起こりました。今年の奮起を期待しています。

画像
「エロさわやか」稲葉篤紀選手(背番号 41)。 昨年の日本シリーズ MVP おめでとう! 前日(2月25日)の東京ヤクルトスワローズ戦では2本の本塁打。 今年も期待できます。

画像
紺田敏正選手(背番号 52)。 とにかく足が速い! それに顔が小さい!

画像
2回にホームランを打った糸井嘉男選手(背番号 26)。 しかし、その後の守備でのエラーが痛かった。 レギュラー獲りのために本人が一番悔しかった筈。 しかし、さらにそれを挽回するタイムリーヒット。 この選手を見るのは初めてですが、とにかくバッティングの良さが目立ちました。本州で開催されているオープン戦でもかなり注目されているようですね。 期待しています。 

画像
さ~て、球場に向かう前からこの選手は必ず撮影しようと思っていました。「喝!」の大沢親分も期待のルーキー、金子洋平選手(背番号 40)。 今回の練習試合でもホームラン(私が帰った後でした)。 社会人からのプロ入りとあって「即戦力」という言葉がピッタリ。 今年の外野手争いは非常に熾烈です。稲葉選手、森本選手は当然レギュラー定着だと思っていましたが、この金子選手と糸井選手の存在でうかうかできない?

画像
外野手のトリを締めるのは「背番号1」を SHINJO さんから受け継いだ森本稀哲選手。 キャンプインで裸にガムテープのゼッケンは若干ひいてしまいましたが、森本選手の凄いのは実力が伴うところ。 今回の練習試合も痛烈な当たりを打ちました。ただ、上にも書いたように今年の外野手争いはかなり厳しいものになりそうです。もちろん本人がそれを一番わかっている筈。 頑張ってください。

さて、春季キャンプ報告もいよいよ明日が最後。 内野手です。

話変わりますが、今日「3月4日」は「ゆかる日、まさる日、三線(さんしん)の日」です。もちろん沖縄人以外にはぴんときませんね。 沖縄には「シーサーの日(4月3日)」、「ゴーヤーの日(5月8日)」など沖縄にゆかりのある記念日がいくつかありますが、今日は 3月4日にちなんで三線の日。 これから正午の時報を合図に、午後9時まで毎時報ごとに県内のラジオでは「かぎやで風」と言って、結婚式など縁起の良い日に弾く曲が県内各地で演奏されます。若干風が強いものの、このゆかる日に綺麗な青空が広がりました。今日も良い日です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント