北海道日本ハムファイターズ秋季キャンプ 2007/その1

「すぽると」で梨田監督に手作りのシーサーが贈られているのを見た時、その理由がわかりませんでした。日ハムの公式サイトで確認して、初めて日ハムが名護球場で秋季キャンプをしていると知った次第。  全然知らんかった。  横浜ベイスターズが宜野湾で秋季キャンプをしているのは知っていましたが、日ハムの秋季キャンプも沖縄だったのか。  てっきり秋季キャンプは鴨川だと思っていました。春季とは違い期間が短いので、早速見学に向かいました。

画像
やはり春季キャンプに比べると少しのんびりしたムード。 人数が少ない事、さらにはダルビッシュ投手、稲葉選手が北京オリンピック代表合宿でキャンプに参加していない事もあります。ただ、私自身は春季キャンプ(その時の様子は こちらをクリック)で撮影していない選手を撮影したかったので結構楽しみでした。

画像
まずは工藤隆人外野手(背番号 53)。  坪井選手にイメージが似ていますね。  小柄ながら俊足、そして堅実な守備。  しかもここぞという時の打撃もある。  今シーズン、そしてパ・リーグクライマックスシリーズの活躍は見事でした。

画像
こちらも当ブログでは初登場の小谷野栄一選手(背番号 31)。  はて、公式サイトでは「外野手」として登録されていますが・・・? 確か今シーズンは自身初のサヨナラヒットなどを記録し、工藤選手と同じく今シーズンの顔となった選手。  残念ながら今回は少し遠目の画像となってしまいました。

画像
もちろん初登場。  吉井理人投手コーチ(背番号 81)。・・・引退した事さえ知らんかった。  ブルペンで投げていた投手の一人一人に丁寧に指導していました。巷(ちまた)では前・佐藤義則コーチと何かと比較されていますが、言わば選手と同じ目線なのでチームにすぐに馴染むでしょう。  頑張ってください。 

画像
ある意味、私自身にとって今回のキャンプで見る事が出来て非常に良かった選手です。金森敬之投手(背番号 59)。  何故かについては この記事を御参照下さい。  今シーズンの登板はもちろん知っていました。そして一軍としてのキャンプ参加。  来シーズンはさらなる活躍を期待しています。 

もちろん他にも高橋捕手や田中賢介内野手、鶴岡捕手なども撮影しましたが、まぁ、今年の春季キャンプにも撮影しましたので今回は割愛させていただきます。なお、私が見学した時は残念ながら梨田新監督の姿を見る事はできませんでした。来年の春季キャンプは是非。

画像
2007パ・リーグ優勝記念 Tシャツ。  もちろんお約束の購入です。

実は春季キャンプの時に撮影しなかったものがもう1つありまして。  それに関しては明日に続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント