PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 展示株 2009/パフィオ・赤花及び点花系その1

<<   作成日時 : 2009/03/10 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよパフィオも終盤。 自分にとってパフィオの中でも最も遠い存在のジャンルに入りました。残り 26株。 2ページに分けて紹介させて頂きます。

画像
・・・大変申し訳ありません。 パフィオで唯一、この株だけネームプレートの撮影を忘れてしまいました。良い花だけに残念、そして申し訳ないです。

画像
Paph. Orchilla 'Chilton'
(Paeony x Redstart)
私でも知っている銘花。 しかし、余りにも流通し過ぎているので実は初めての撮影となりました。確かもう一株出品されていたような記憶が有ります。この蘭展でも ほぼ毎年見かけますが、花に全く筋が入っていない個体を見るのは初めてかも? これまでに見た中で、最も綺麗な咲き方をしていると思います。

画像
画像
Paph. Winston Churchill 'Indomitable'
(Eridge x Hampden)
同行した蘭友さんにも話したのですが、撮影した時には とても同一花とは思えませんでした。ただ、こうやって並べてみると同じ花なのかな? とも思います。私自身が実物を見たことが無いだけに判断がつかないのが残念。 以下、Winston Churchill を直接の交配親に用いた実生をまとめました。

画像
Paph. Amandahill
(Winston Churchill x Amanda)
おそらく 'Joyance' を用いた交配でしょうか。

画像
Paph. Lady Luck 'Itokoku'
(Winston Churchill x Skip Bartlett)
'Change Up' 以外の Lady Luck を見るのは昨年の 'Maccy' に続いて二度目です。

画像
Paph. Meditation 'January Royal'
(Winston Churchill x charlesworthii)
先に紹介した亜属間交配のページに載せるか迷ったものの、Winston Churchill 繋がりで ここに載せました。ドーサルに charlesworthii の特徴が出ています。

画像
Paph. Pawnee
(Winston Churchill 'Redoutable' x Sioux 'December')
こちらは 'Redoutable' を用いた交配ですね。

画像
Paph. Cosmo-Win
(Winston Churchill x Sudden Impact)
2007年国際園芸の登録

画像
Paph. Great Pacific 'Feburary'
(Pacific Ocean x Winston Churchill)
Winston Churchill の直接の実生はこれで終了。 今度は Pacific Ocean 繋がりです。

画像
Paph. Yamazaki World
(Pacific Ocean x World Plaza)
2000年大泉氏の登録
整形花が一株から 2ステム上がると本当に迫力がありますね。 暗い場所に置かれていたのが残念。

画像
Paph. Hamana Samson
(Valwin x Pacific Ocean)
1986年佐伯園芸の登録

画像
Paph. U/R {Hamana Samson
x (Clementine H. Churchill - Happy〜?)}

今度は Hamana Samson 繋がりになります。残念ながら交配雄株の「Happy」に続くワードが有りませんでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
展示株 2009/パフィオ・赤花及び点花系その1 PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる