PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 展示株/パフィオ・シグマト

<<   作成日時 : 2009/03/05 17:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これから鉢物審査に出展されたパフィオの紹介を始めます。今年はパフィオに関して全ての出展株を撮影する事を目標にし、初日で既に花が萎れていた株、一品種につき複数の株が出品されていたもの以外、ほぼ全てを撮影出来ました。ただ、今に思えば同じ品種も全て写しておけば良かったかなと思っています。来年への課題ですね。 更に自宅に戻ってからピンボケに気づいた株も幾つか有りました。何とぞ御容赦下さい。 最初はシグマト系からです。

画像
Paph. callosum 'Applause'
個体名から出品者が直ぐに御分りかと。 現在、この原種はビニ系に人気が集まっている中、スタンダードなタイプの出品でした。逆に最近では珍しいかも?

画像
Paph. callosum 'Totsu'
こちらもスタンダードタイプ。 insigne のスタンダードタイプが最近見直されているように、原種は そのような傾向が今後は強くなるかもしれません。

画像
Paph. purpuratum 'Applause'
沖縄では見ることの出来ない原種で、それを見れるのが国際蘭展の醍醐味です。

画像
Paph. venustum
こちらも沖縄では滅多に見ることの出来ない原種です。

画像
Paph. venustum 'Koge'

画像
Paph. venustum album 'Josai'

画像
Paph. wardii 'R-14'

画像
Paph. wardii 'Minami'
この蘭展では ほぼ毎年見る原種。 蘭展の時期と開花のタイミングが合うのでしょう。 また、シグマトでは苗が結構流通している方でしょう。

画像
Paph. Kagemusha
(wardii 'Rood River' x Double Deception 'Lizard #2')
1998年望月蘭園の登録
自宅に戻って初めて wardii そのものでは無いと気づきました。ちなみに Double Deception = venustum x sukhakulii。 やはり wardii の遺伝子が強く出ています。

画像
Paph. Hsinying Viruma 'Misaki Dream'
(Hsinying Ruma x Hsinying Viny)
Hsinying Ruma = Pulsar x Voodoo Magic、Hsinying Viny = Pulsar x Ruby Leopard です。

画像
Paph. Red Shift 'Nissho'
(Red Maude x Pulsar)
確か、御本人の出品では無かったと思います。

画像
Paph. No Name
いや〜、品種名の記載が無いのが本当に残念。 名前が有れば入賞の可能性も? 非常に形の整ったビニカラーでした。残念!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
展示株/パフィオ・シグマト PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる