Paph. White Sturgeon が開花しました

「更新記録」
・詳しい測定値はホームページに載せています。→ 「開花情報
画像
Paph. White Sturgeon = Muriel Constance x Conco-bellatulum。  ただし、ラベルには Muriel Constance = Greyi x bellatulum と記されています。つまり ang-thong x bellatulum では無く (niveum x godefroyae) x bellatulum なんでしょうか。  それはともかく、実は過去に花芽が出たもののしけった株が我が家で初の開花となりました。

画像
蕾の頃、ドーサルとベントラルセパルの外側が綺麗な「覆輪」になっている事に気づきました。ちょうど横で Shimizu Delight (godefroyae x Double Bell) やオーキッドゾーンのエスグラ、そして niveum などの花芽が出ていることもあってそれらと見比べたのですが、やはり独特な色合い。  ただ、外側と内側はあまりリンクしないのでは? と思ったのも事実です。実際、ドーサルが覆輪になっているのかと言えばそうでもない。  しかし・・・面白いですよね?  ドーサルの中央のみラインを引いたように点が入っています。原種やプライマリーでは無く交配種同士だからこそ出てくる色合いでしょうか。  そして遺伝的に固定されているのか?  次の開花を楽しみに待つ事にします。


余談ですが、個体名の「Caviar (キャビア)」は品種名(White Sturgeon = チョウザメ)に由来しています。安易過ぎる・・・。でもまぁ、ペタルの細かい点はキャビアに見えなくもありません。

この記事へのコメント