展示株・パフィオ/ブラキ&コクロ

海洋博蘭展の時期は東京ドームと重なっている影響もあって、ブラキの出品は ほとんど有りません。 コクロ系とまとめて紹介いたします。

画像
Paph. bellatulum 'Wonder Boy'
昨年入賞した 'C.R.'系、今年入賞した 'M-U'系含め、本州のベラを間近で見れるのは嬉しいものです。この株も点の入り方が素晴らしいですね。

画像
Paph. Sakaki (bellatulum x wenshanense)
この品種を実際に見るのは初めてです。花が傷んでいたのが残念。

画像
Paph. U/R (bellatulum x Centerpiece) 'Matsumoto #2'
Centerpiece = Hellas x Greyi。 純粋なブラキでは有りませんが、遺伝的要素が濃いので このページに載せました。ベラが直接の親にしては意外なほど大きかったですよ。 おそらく 10cm を超えていた筈です。

画像
Paph. primulinum 'K-1'
以前も同じ個体が出展されていました。出品者は東京ドームでも大賞受賞歴の有る方。 流石ですね。

画像
Paph. Envy Green 'Green Ball'
(primulinum (self) x malipoense)
確か「らんの里沖縄」さんの出展だったように記憶しています。後日紹介するパービ系のページ、あるいは亜属間交配のページに載せるか迷ったものの、画像で見る感じがコクロ寄りですし、ちょうど片親の primulinum も出品されていましたので このページに載せました。

画像
Paph. victoria-regina 'Garyu'
ネームプレートに「従来の chamberlainianum」と書かれていました。これにロスを掛け合わせたのが Paph. Transvaal。 大好きな品種の一つです。参考までに我が家で開花した花を載せておきます。
画像
Paph. Transvaal 'Moon Walk'

この記事へのコメント