PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 展示株・パフィオ/ポリアンサ系2

<<   作成日時 : 2010/03/19 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日に続いてポリアンサ系の紹介・・・と言っても純粋なポリアンサ交配では有りません。 これから紹介するのは全て亜属間交配ですが、株の大きさや花の形など、ポリアンサの要素を色濃く反映している系統です。
画像
Paph. Lebeau
(Transvaal x rothschildianum)
まずは王道とでも言うべき品種から。 台湾がポリアンサの交配を積極的に行っている事も有って、最近は堂ヶ島以外の交配も目にするようになりました。この花も詳細は判りません。

画像
Paph. Transit Saint 'Toki'
(Transvaal x Saint Swithin)
トランスバールにロスでは無く Saint Swithin を用いた交配。 こちらは堂ヶ島系統・・・では無いかなぁ。 参考までに、沖縄県内の展示会に出展された個体を載せておきます。
画像
Paph. Transit Saint
(2005年、らんの里沖縄の展示会にて)

画像
Paph. Clifton Booth
(primulinum x Saint Swithin)
ネームプレートには「Clifton」とだけ書かれていましたが、私個人の判断を基に上記の品種名で紹介させて頂きました。

画像
Paph. Green Horizon

画像
Paph. Green Horizon 'Green Field'
(Makuli x philippinense)
こちらはシグマトとポリアンサの組み合わせ。 同じ品種の別個体です。実は仲里園芸さんのハウスにも同じ品種、しかもグリーン花があるんですよ。 私の好みでは無いので購入しておりません。 しかし、こうやって展示されているのを見ると欲しくなる・・・。

画像
Paph. Daisy Barclay
(leucochilum x rothschildianum)
こちらはブラキとの組み合わせ。 濃色でした。過去にも何度か同じ品種を見ているものの、実際に撮影するのは今回が初めてです。

画像
Paph. Rolfei 'Tokumoto'

画像
Paph. Rolfei 'Star Garden'
(bellatulum x rothschildianum)
Lebeau 同様、王道と言えるべき品種の一つ。 株がコンパクトでステムが短いのに花が大きく、且つ濃色なので存在感が有るんですよ。 一度は咲かせてみたい花です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
展示株・パフィオ/ポリアンサ系2 PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる