PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 蘭展入賞花 2011/パフィオ・その2

<<   作成日時 : 2011/02/21 17:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
Paph. Ma Belle 'Garyu' HCC/OIOS 2011
(malipoense x bellatulum)
今に思えば、全体を写さなかったのが残念。 一般にステムが短く撮影しづらい品種の中で、この個体はステムが長い印象がありました。もちろん、花そのものも御覧のような素晴らしさです。

画像
Paph. Tsuya Ikeda 'Koiso' White Ribbon, 奨励賞
(Golden Fleece x Phips)
この蘭展で毎年のように出展されています。と言う事は、国内では かなり流通している品種でしょう。 しかし、これほどまでに大株に育てると入賞の価値は充分。 入賞花が並べられているレッドカーペットの中でも一際注目を集めていました。

画像
Paph. Jamboree Knight 'White Emi' HCC/OIOS 2011
(Sunglow x Knight's Challenge)
画像からも上品な雰囲気が伝わるかと。 お立ち台周囲の喧騒の中、控えめに、しかし主張を持って咲いていました。

画像
Paph. U/R (Church Hill x Winston Churchill) HCC/OIOS 2011
品種名に見覚えがあったので自分のリストを確認したところ、同一個体かは別として昨年も出展されていました。以下、昨年のコメントの抜粋です。
Church Hill = Wampum on Hill x Winston Churchill なので、この交配は Winston Churchill の戻し交配(バッククロス)になります。さらに遡ると Wampum on Hill = Amandahill x Wampum、Amandahill = Amanda x Winston Churchill。 すなわち、この品種は Winston Churchill の遺伝子が 75% を超える系統になります。

画像
Phrag. Jason Fischer 'Ikuko' HCC/OIOS 2011
(Memoria Dick Clements x besseae)
デジカメの性能がどんなに向上しても、この花色は再現出来ません。 毎年のように入賞していますし、それだけの価値がある品種です。

画像
画像
これが入賞花が展示されている様子。 明日以降、カトレア、そして他の属の紹介をいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蘭展入賞花 2011/パフィオ・その2 PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる