PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ポリアンサ系・1/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

<<   作成日時 : 2011/03/19 13:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

花そのものが大きくて見応えが有り、しかも 1つのステムに幾輪も花が咲くポリアンサ系。 蘭展には欠かせない存在と言えるでしょう。 他の亜属との交配を含めて紹介いたします。
画像
画像
Paph. adductum 'Suigen'
いや〜、ついに この原種を肉眼で見る事が出来ました。独特な色彩のドーサル、捩れと言うよりも湾曲しているペタル。 ポリアンサの中でも異色の存在です。

画像
Paph. haynaldianum 'Jun'
この原種のアルバ個体を初めて見たのは 2005年。 それ以来、標準種と共に注目しています。シグマトの venustum や wardii 同様に haynaldianum と lowii も育てず嫌いで、交配種を含め、実は ほとんど購入した事が有りません。 たった一度だけ購入した Paph. Shin-Yi Fireball (Berenice x Genevieve Booth) も、とっくの昔に枯らしました。
画像
Berenice = haynaldianum x philippinense
Genevieve Booth = Mount Toro x rothschildianum
今はポリアンサが安価ですし、再チャレンジしてみましょうか。

画像
Paph. Lady Isabel 'Ooita'
(stonei x rothschildianum)
stonei 好きの私としては、自ずと注目する品種です。

画像
Paph. Temptation 'Teruya'
(philippinense x kolopakingii)
ポリアンサの中でも特に株が大きくなると言われる kolopakingii。 やはり購入した事は無いです。ただ、輪数の多さはネットで見ていますし、蘭展向きの品種と言えるでしょう。 ちなみに個体名の 'Teruya' = 照屋。 沖縄では一般的な名字の一つであり、そう言う地名もあります。

画像
画像
Paph. Howard Frank
(kolopakingii x malipoense)
kolopakingii とパービの異色の組み合わせ。 両者の特徴が出ています。

画像
Paph. Angel Hair
(Saint Swithin x sanderianum)
サンデリアナムの交配は過去に幾つか購入したものの、Dragontale (supardii x sanderianum) 以外は上手く育てられないなぁ。 この品種も結局枯らしてしまいました。

画像
Paph. Faan Kruger 'Misaki Fantasy'
(Deena Nicol x sanderianum)
我が家にもある Deena Nicol (philippinense x praestans) にサンデリを掛け合わせた交配。 思った以上に黄色味の強い個体でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポリアンサ系・1/沖縄国際洋蘭博覧会 2011 PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる