PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS インシグネ系・2/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

<<   作成日時 : 2011/03/22 17:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
Paph. spicerianum

画像
Paph. spicerianum

画像
Paph. spicerianum

画像
Paph. spicerianum 'Noriko'

画像
Paph. spicerianum 'Suigen'
この原種はセレクト個体同士の交配によって、ドーサル、ペタル幅、色の濃さなど、ここ数年での改良は目覚ましいものがあります。パフィオの中では小型、強健で花立ち良く、しかも個性的な花。 近年の流行がコンパクトなタイプに移行してきたのに合わせ、注目される存在になったのでしょうか。 しかも意外と言っては語弊があるかもしれませんが、原種の特徴が思った以上に実生に反映されます。今後の育種の素材としても面白い存在なのかもしれません。

画像
Paph. Cotton Cap 'Oddity'
(spicerianum x Bit'-O'-Sunshine)
独特な個体名、そして個性的な花。 それでもスピセリの特徴が色濃く出ています。ちなみに我が家にも「spicerianum x 整形花」として、本州から流れてきたものを購入した品種があります。
画像
Paph. U/R (spicerianum x Winter Angel)
 
画像
画像
Paph. U/R (Bruno x Via Victoria)
こちらは spicerianum では無く、Bruno (Leeanum x spicerianum) に整形花を組み合わせた珍しい交配。 しかしドーサルとペタルの中央に入る赤いライン、緑味を帯びたペタルに spicerianum の特徴が色濃く出ています。ちなみに、さらに整形花を掛け合わせると どのような花になるのか。 参考までに過去に出展された株の画像を載せておきます。
画像
Paph. U/R (Hamana Spice x Hamana Egret) 'Yellow Pig Nose'
(2009年、沖縄国際洋蘭博覧会にて撮影)
Hamana Spice= Yerba Buena x spicerianum
Hamana Egret = Via Muchos Ninos x Jolly Green Gem

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インシグネ系・2/沖縄国際洋蘭博覧会 2011 PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる