PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 整形花・白(1)/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

<<   作成日時 : 2011/03/28 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
Paph. Phips
(Aureum x Boltonii)
今年の蘭展でホワイトリボンを受賞した Tsuya Ikeda 'Koiso' の親品種にあたります。昨年出展されていたピンク花の祖先を遡った時に、Skip Bartlett でも White Knight でも無く、この品種が用いられていると知った時には驚きましたね。
画像
Paph. Enzan Whitebird 'Kamikane'
(Meadow Song x Kimura Birdmoor)
Meadow Song = Meadow Phips x Wings of Song
Meadow Phips = Phips x Meadow Gate
もちろん、交配相手との組み合わせによって このような色、形になると理解していても、やっぱり面白い。

画像
Paph. Freckles 'Jasper Glow'
(Barleigh Mohur x F.C.Puddle)
整形花ピンクと称されるジャンルの、言わば原点とも言えるのがこの品種でしょうか。 ちなみに F.C.Puddle の祖先を辿ると Astarte = insigne x Psyche と言う品種が出てきます。insigne に Psyche (niveum x bellatulum) を掛け合わせる発想が凄いよなぁ。

画像
Paph. Meadowsweet 'Purity' AM/RHS
(Chilton x F.C.Puddle)

画像
Paph. Merry Winter 'Sengoku White'
(F.C.Puddle x Jolly Green Gem)
Freckles 同様、両者共に F.C.Puddle を用いた交配。 数年前の私ならば、交配親に F.C.Puddle = 一昔前の交配で片づけていました。今現在は、これらの花を見過ごす事が出来ません。

画像
Paph. White Knight 'Kaike'
(Green Mystery x Skip Bartlett)
整形花の白花を一気に底上げした Skip Bartlett の実生の代表品種。 花の傷が残念。

画像
Paph. Mystic Knight 'Maspron'
(Elfstone x White Knight)
グリーン花を作る予定の交配から出てきた白花だと聞いています。この花は開き始めでしょうか? 整形花を全く知らなかった私が、最初に名前をインプットした花の一つです。

画像
Paph. Mystic Pacific
(Mystic Knight x Pacific Shamrock)
そして時代は Mystic Knight の F1 世代へと入りました。点花やグリーン花に対し、サイズ的にもひけを取らない個体が出てくるのも もうすぐでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
整形花・白(1)/沖縄国際洋蘭博覧会 2011 PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる