PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄国際洋蘭博覧会 2012

<<   作成日時 : 2012/02/13 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

海洋博記念公園内の熱帯ドリームセンターで、毎年 2月1週目の土曜日から開催される沖縄国際洋蘭博覧会、通称・海洋博蘭展。 今年出展された素晴らしい蘭を紹介させて頂きます。

画像
画像
「沖縄国際洋蘭博覧会大賞(内閣総理大臣賞)」
Rhy. gigantea 'Hsinying Snow' Grand Champion/OIOS 2012
今年の大賞は、三年振りにリンコスティリスの受賞。 まさしく雪のような白さが印象的でした。おめでとうございます!

画像
画像
沖縄及び北方対策担当大臣賞
(鉢物審査部門/優秀賞)
Paph. Julius 'Dream Taka'
(lowii x rothschildianum)
ブルーリボン、すなわち鉢物審査部門第一位は、この蘭展で毎年のように出展され、しかも常にレベルが高い品種。 しかし、ブルーリボンを受賞するのは初めてでは? 私自身、この品種で 1ステム 6輪を見るのは初めてだと思います。それ以外にもピンと立った葉姿、ドーサルのクッキリとしたライン、鳥が翼を広げたようなペタルなど、この品種の特性が存分に発揮されていました。おめでとうございます!

画像
画像
外務大臣賞
(外国審査部門/優秀賞)
Ascda. {Ascda. Butterfly x V. (Opiyarat - Thaweesuksa)}
バンダと言うと深海のようなブルーやギラギラする程の濃い赤紫が入賞してきた中で、今年はパンジーをイメージさせる花がブルーリボンに輝きました。ひょっとして、これからはバンダが面白い!? おめでとうございます!
とりあえず、上記の品種名はネームプレートに記載されていた通りにしました。しかし検索してみると、花粉親の方が その名前では登録されておらず、近いものとして V. (Piyarat x Taveesuksa) だと思うのですが、実際は良くわかりません。 詳しい方の情報を御待ちしております。

画像
農林水産大臣賞
(切花審査部門/優秀賞)
Den. ’カサブランカ’
この蘭展のオリジナルでもある切花部門。 切花栽培が盛んな沖縄ならではです。今回のブルーリボンは清らかなデンファレが受賞いたしました。10本で このボリューム。 おめでとうございます!

画像
沖縄総合事務局長賞
(鉢物審査部門/優良賞)
Paph. Tsuya Ikeda 'koiso'
(Golden Fleece x Phips)
鉢物審査部門の第二位のレッドリボンは、昨年も この蘭展でホワイトリボンを受賞した品種。 今年は階段を一つ上りました。一口に大株と言っても、ここまで作り上げるまでの時間を考えると栽培者の苦労が偲ばれます。どんどん交配が進むパフィオの中で、このようなスタンダードな品種がレッドリボンを獲得した事が嬉しいですね。

画像
沖縄総合事務局長賞
(外国審査部門/優良賞)
Bulb. Hsinying Grand-arfa 'ORCHIS'
(arfakianum x grandiflorum alba)
まず、交配種である事、しかも登録されている事に驚きました。外国審査部門の第二位は、猛毒のハブの鎌首を彷彿させるゲテな花です。

画像
沖縄県知事賞
(切花審査部門/優良賞)
Cym. ’アリア’
切花審査部門の第二位は、春らしさを感じさせる綺麗なピンクのシンビジューム。 デンファレの’カサブランカ’同様、片仮名の表記なので品種名では無く商品名でしょう。 リップに入る赤が絶妙なアクセントになっていますね。

画像
今年で第 26回を迎えた南国沖縄での国際蘭展。 いよいよ来年に迫った APOC (アジア太平洋蘭会議)を控え、今年はテレビやラジオで蘭展を話題にした放送が、例年に無く多かったような気がします。もちろん、出展された花々も素晴らしかったですよ。 明日以降、個別審査の入賞花から紹介させて頂きます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄国際洋蘭博覧会 2012 PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる