PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ポリアンサ/沖縄国際洋蘭博覧会 2012

<<   作成日時 : 2012/03/20 10:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
Paph. Lebeau
(Transvaal x rothschildianum)
もはや、この品種 = 堂ヶ島交配と断言は出来ません。 N氏のリメイク、さらには海外のリメイクも開花が始まりました。これからは、花が咲くと「どちらの交配だろう?」と考える楽しみが ありますね。

画像
画像
Paph. Lebeau
新垣洋らん園さんの出品。 実は、この株に関して社長さんから御話を聞く事が出来ました。堂ヶ島交配が台湾に流れたものを逆輸入したもの、すなわち堂ヶ島交配です。こういう情報を知らないと、台湾でのリメイクと勘違いする可能性も有りました。もちろん、それはそれで OK ですし、一頃は高くて手が出なかった堂ヶ島交配を逆輸入と言う形で購入するのも可能になった訳です。これからの Lebeau は面白いかも?

画像
Paph. sanderianum 'Mon Amie'
残念ながら、初日で この状態でした。ただ、実際に sanderianum を咲かせた方によると、温室に設置した扇風機の風もペタルの長さに影響を与えるとか。 栽培が難しいのみならず、上手く咲かせるのさえ相当な苦労が掛かる原種です。

画像
Paph. Angel Hair 'Mana' BM/JOGA
(Saint Swithin x sanderianum)
そう言えば、我が家にも この品種があったなぁ。 咲く事無く枯れましたが・・・。sanderianum の特徴が良く現れる系統です。

画像
Paph. Saint Swithin
(philippinense x rothschildianum)
Angel Hair の片親にあたる品種。 興味深かったのは花の色彩で、ほぼ実物通りの花色が再現出来ています。この品種で、これほど淡い色合いを見るのは初めてでした。philippinense のアルバ個体を用いていると推測するも、真偽は如何に。

画像
Paph. Temptation 'Hija'
(philippinense x kolopakingii)
こちらはロスでは無く kolopakingii を掛け合わせた交配。 花が小さくなる代わりに、輪数は多くなります。ちなみに、個体名の 'Hija' = 比謝でしょうね。 沖縄の地名や名字の一つです。

画像
画像
Paph. Michael Koopowitz 'Angel Ripple's Yuzuki'
(philippinense x sanderianum)
全く同じ個体名、しかし出展者は別でした。Angel Hair 同様、sanderianum の特性が如何無く発揮された品種です。

画像
画像
共に名前が記載されていませんでした。 

画像
Paph. Jerry Spence 'Ocean #3'
(rothschildianum x Berenice)
自身のリストを確認して驚いた事に、当ブログで初登場の品種です。Julius (lowii x roths.) や Berenice (lowii x philippinense) 同様、とっくに撮影したと思っていました。全体像も写しておくべきだったなぁ。

画像
Paph. Quasar 'Okinawa'
(rothschildianum x Macabre)
こちらも初登場ながら、この品種には思い入れがあります。片親の Macabre が入賞花集に幾つも登場していた頃、ロスを掛け合わせた Quasar に注目し、いち早く購入しました。しかし結局、咲く事無く枯らしました。今回、シグマト x ロスとしては予想以上に大輪の花を見て、あらためて枯らした事に悔しさを感じましたね。 今回の蘭展で印象に残ったパフィオの一つです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポリアンサ/沖縄国際洋蘭博覧会 2012 PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる