沖縄の部分日食

画像
上の画像は三年前の 2009年 7月、鹿児島県のトカラ列島を中心に観察された皆既日食の、沖縄における部分日食の様子です。当時のデジカメの露出を最低まで落として撮影したにも関わらず、満足のいく画像を得る事は出来ませんでした。今回は全国的にも盛り上がっていますし、なかなか見る事の出来ない天体ショーと言う事も有って、事前にカメラ屋に出向き、デジカメ用のフィルターなどを購入する・・・予定だったのですが。

前日、つまり 20日の沖縄は、大雨洪水警報が出るほどの どしゃ降りでした。夕方には止んだものの、翌日の日食が観察出来るなど、県民の どれぐらいが予想したでしょう。 私も絶対無理だと思い、メガネやフィルターなどを購入する事無く、今朝の日の出を迎えました。

画像
これは最初に撮影した一枚。 時刻は午前 6時18分です。ん? ちゃんとグラスを買っているじゃないかって? もうしばらくお待ちを。 以降、沖縄での部分日食の様子です。

画像
↑午前 6時41分

画像
↑午前 7時10分

画像
↑午前 7時11分

画像
↑午前 7時15分

ネットで検索すると、沖縄県南部で日食が最も欠ける時刻は 7時13分ジャストでした。残念ながらピッタリの時間の撮影は出来なかったものの、上の画像を見てもらえれば御分りのように、この頃から太陽に雲が掛かり始めたため、三年前のようにフィルターを使わずに撮影する事が出来ました。ただし三年前と異なるのは、前回は屋外、今回は室内で窓ガラス越しに写している事、また、デジカメの性能がアップしている分、よりクリアーな画像になった事です。ちなみに、デジカメの露出は最低 (マイナス2)まで落としています。本当にラッキー。 私が撮影した中では、上の画像がベストショットです。

画像
↑午前 7時16分

画像
↑午前 7時17分

画像
↑午前 7時21分

画像
↑午前 7時24分

画像
↑午前 7時27分

上の画像が最後に写した一枚。 既にピークを超えていると わかりましたし、仕事の準備も有ったので、これで撮影を終了しました。三年前の失敗を活かせないまま当日を迎えたにしては、今回も太陽に雲が掛かると言う思いがけない偶然によって、満足のいく撮影が出来ましたね。 ただ、今回の日食でテンションが上がったのは他にも有ったんです。

画像
画像
最初の一枚を撮影する直前、フィルターを買わなかった事を歯ぎしりしていたところ、母親が差し出したのが上のグラスです。思わず「えっ!?」と叫びました。今回、各メディアで報道されているように、前回の金環食は 1987年に沖縄で観測されたのですが、その時のグラスが実家に あったんです! 凄い!! 当時の日付、時刻、しかも国体のマークまで残っているとは! 上の画像で赤っぽく写っているものが、このグラス越しに写した様子です。

沖縄では絶対無理だと思っていた日食の観察は、予想外の お宝グッズの発見と共に終えました。今振り返っても、日食そのものより、日食グラスを見た時の衝撃が残っているような・・・。このブログを御覧の皆さんも、もし日食を撮影したのであれば御自身のブログ等にアップしてくださいね。

この記事へのコメント