PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS HCC入賞及びリボン賞(ブルー・レッド)/パフィオ APOC 11

<<   作成日時 : 2013/02/14 17:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
Paph. Outer Limits 'K' HCC/APOC11,OIOS 2013、カテゴリー審査ブルーリボン
(sukhakulii x Magic Mountain)
整形ビニ、いわゆる整形花とシグマト・ビニカラーの組み合わせに対し、現時点では数の少ないグリーン花との組み合わせ。 今回の受賞を きっかけに、新たな視点で見てもらいたい系統です。

画像
画像
Paph. Shun-Fa Golden 'Kashiwa Haru' HCC/APOC11,OIOS 2013、カテゴリー審査ブルーリボン
(hangianum x malipoense)
出展に関して長い間議論されてきた系統も、ようやく間口が開かれたかと。 私の範疇からは外れていますが、これからは一つのジャンルを確立するでしょう。

画像
Paph. charlesworthii 'Nakanishi' HCC/APOC11,OIOS 2013、カテゴリー審査レッドリボン、奨励賞
2010年の同蘭展で AM を受賞した個体。 今に思えば、株全体の大きさや一枚の葉の長さを確認すべきでした。我が家の 2株も早く咲いて欲しい!

画像
画像
Paph. Toru's Wunder 'Tomo's Luck' HCC/APOC11,OIOS 2013、カテゴリー審査レッドリボン
(Golddollar x Lippewunder)
いや〜、本州には こんな個性的な交配が有るんですね。 整形花の花の大きさを残しながら、花色は母木に入っている primulinum と armeniacum の特徴が強く出た花でした。種が採れただけでは無く、それを開花まで育てた栽培力に脱帽です。

画像
画像
Paph. U/R (Pacific Ocean x Spotglen) 'Spoted Daki' HCC/APOC11,OIOS2013、カテゴリー審査レッドリボン
画像からもドーサル基部の浮きだつスポットが伝わる筈。 個人的には、バーク単体で整形花を これだけ立派に育てている事に驚きました。

画像
画像
Paph. White Knight 'Ones Heart' HCC/APOC11,OIOS 2013、カテゴリー審査レッドリボン
(Green Mystery x Skip Bartlett)
整形花の白花に歴史を残す Mystic Knight が世に出てきたのも、この品種が有ったからこそ。 Mystic Knight を起点とした交配が始まった一方で、あらためて White Knight の交配親としての良さが見直されています。むしろ、現在の方が更に評価が上がったかも?

画像
画像
Paph. Chiu Hua Dancer 'Kashiwa' カテゴリー審査レッドリボン
(gigantifolium x sanderianum)
母木の着花数と花粉親のペタルの長さが融合した個体で、ペタル基部の湾曲も独特です。この系統は、ペタルが擦れると途中で切れたりチリチリになると御聞きした事があって、実際、二日目には既にペタルが傷んでいました。輸送の苦労が偲ばれます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HCC入賞及びリボン賞(ブルー・レッド)/パフィオ APOC 11 PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる