PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS HCC入賞及びカテゴリー審査リボン賞/パフィオ・その2 APOC 11

<<   作成日時 : 2013/02/16 07:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
画像
Paph. Miya Plot Lantern 'Kinu River' HCC/APOC11,OIOS 2013
(Winston Churchill x Eye-Catcher (1979))
パフィオの中では世代の進みが速い整形花のジャンルにおいて、未だに入賞の続く Winston Churchill の F1世代。 画像からも花の丸みが伝わるかと。

画像
画像
Paph. World Records 'Elegance' HCC/APOC11,OIOS 2013
(Future World x Double Winston)
2010年 Tokyo O.N. の登録
こちらは Winston Chrchil の孫の世代になります(Double Winston = Wingent x Winston Churchill)。登録名から この品種に対する期待の大きさが伝わりますし、実際、今回の蘭展に出展された整形花の中でも、花の大きさは最大級だったように記憶しています。

画像
画像
Paph. Thunder Shot HCC/APOC11,OIOS 2013
(Sparsholt 'Jaguar' x Western Thunder 'Mach One')
交配親として、Winston Churchill と双璧を成すとも言うべき Sparsholt の実生。 花は やや小粒ながら、とにかくドーサルの迫力が凄い。 ペタルも色鮮やかです。

画像
画像
Paph. U/R (Valwin 'Christmas Robe' x Tokyo Excellence 'Kingdom') 'O.S.Mitsuhito' HCC/APOC11,OIOS 2013、カテゴリー審査ホワイトリボン
ドーサルの中央に向かって、炎のように滲み立つ赤が印象的。 鉢に挿されているラベルからすると、Tokyo O.N. さんの交配のようです。

画像
画像
Paph. Friend Jaguar Sato 'Ladybird' HCC/APOC11,OIOS 2013
(Friendships x Super Jaguar)
言わば日本で独自に発展している整形花ピンク。 昨年も同じ品種が入賞していますが、ピンクの色合いは個々に異なるだけでは無く、同一個体でも開花によって色彩が大きく変化します。果たして、その花の本来の色は? それを楽しめるジャンルですね。

画像
画像
Paph. Mishima Silk 'Freedom' HCC/APOC11,OIOS 2013
(Eagle Peak x Knight's Chalice)
この品種の検索を始めた当初、母木の Eagle Peak (Peter Black x Golden Acres) の詳細を知らなかったので、予想外の白花では? と驚きました。しかし少し詳しく調べてみると、どうやら母木に使われた個体は、アンバー系の遺伝子が入っていながら綺麗な黄色の花のようです。品種名に Silk が入っているのを見ても、目的通りの花色でしょう。

画像
Paph. Yerba Castle カテゴリー審査ホワイトリボン
(Yerba Buena x White Castle)
最近のパフィオで 〜Castle と言えば Ice Castle が頭に思い浮かぶ中、その親の世代にあたる品種を用いた交配です (Ice Castle = Greyi x White Castle)。御覧の通り、清らかと言う表現がピッタリの白でした。これで White Castle が再評価される?

画像
画像
Paph. Ice Age 'Pritty' HCC/APOC11,OIOS 2013
(Pacific Shamrock x Ice Castle)
今や、整形花の白花は完全に Ice Castle を用いた時代に突入しました。Mystic Knight や White Knight よりも苗が相当多く採れる事、しかも母木を選ばないのが最大の理由でしょう。 この点が、同系統ながら種が全く採れない我が家の台湾系 In-Charm Grace (niveum alba x In-Charm White) との大きな違いと言えます。

画像
画像
Paph. Pumpkin Icecream 'White Pumpkin' HCC/APOC11,OIOS 2013
(Pumpkin Pie x Ice Castle)
同じく Ice Castle の実生。 昨年 2012年の 9月に Tokyo O.N. さんによって登録されたばかりの最新交配です。花形の良さだけでは無く、コンパクトな株も今後の交配目的のポイントとなりますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!
いつも、綺麗な花の写真を見させて頂いてます。
今回は、自分の初出品の花の写真も見せて頂きました。
ありがとうございました。
88
2013/02/22 19:57
88さん、おはようございます。権兵衛です。初出品で入賞ですよね? おめでとうございます!
今年の蘭展はアジア蘭会議との同時開催ともあって、出展数のみならず質の高さも素晴らしかったです。画像の編集が遅れ気味ですが、今月から来月にかけて少しずつ画像をアップいたします。来年も是非、出展して下さいね。コメントどうもありがとうございました。
権兵衛
2013/02/23 09:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
HCC入賞及びカテゴリー審査リボン賞/パフィオ・その2 APOC 11 PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる