PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 整形花・白花1/沖縄国際洋蘭博覧会 2013、APOC11

<<   作成日時 : 2013/04/02 17:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
Paph. White Knight 'Elegance'
(Green Mystery x Skip Bartlett)
今回の蘭展でも別個体 ('Ones Heart') が HCC を受賞しているように、サンダースに登録された 1987年から二十六年が経った現在も評価を得ている不朽の白花です。Mystic Knight や Ice Castle を用いた交配が続々と発表される中、White Knight を用いた実生も途切れる事は無いでしょう。 近年は niveum が相当レベルアップしているので、私個人としては Knight's Niveum (niveum x White Knight) のリメイクを是非見てみたい! 何故なら、ネットで検索しても この品種の画像が出てこないんですよ。 登録通りの組み合わせだけでは無く、White Knight を母木にしたり niveum alba を用いた交配など相当なバリエーションが出ると思います。

画像
Paph. Biwa Snow White
(Green Festival x Knight's Niveum)
その Knight's Niveum を用いた実生で、White Knight から見れば孫の世代、更に見方を変えれば niveum の孫世代とも言える品種です。蘭展で見る度に透き通るような白さに惹きつけられますね。 ただ一点、弁の薄さが この品種を親にした実生が現在も登録されていない理由でしょうか。 あるいは我が家の In-Charm Grace (niveum alba x In-Charm White) 同様、交配親としての能力が無い可能性も?

画像
Paph. In-Charm Pearl 'Duck'
(wenshanense x In-Charm White)
In-Charm White = White Knight x godefroyae なので、こちらも White Knight の孫世代の花です。私も同じ品種を二つ持っていましたが、一つは枯れ、もう一つも瀕死の状態で開花の見込みは有りません。 この株も葉姿を見るとクセを感じます。

画像
Paph. True Love 'Yukiko'
(Hellas x Saint Ouens Bay)
驚いたのが この花。 なんと Hellas の直接の実生ですよ。 もう片親の Saint Ouens Bay = Denehurst x Whitemoor。 この色彩を予想して交配したならば、読みが凄いですね。

画像
Paph. Jamboree Knight 'White Emi'

画像
Paph. Jamboree Knight 'Mari'

画像
Paph. Jamboree Knight 'Yuika'

画像
Paph. Jamboree Knight 'Okamoto'
(Sunglow x Knight's Challenge)
片親の Knight's Challenge = White Knight x Memoria Toshio Miyata なので、やはり White Knight の孫の世代に当たる系統です。四つを並べて見て、リップの丸みやドーサルとペタルのバランス、何よりもドーサル基部の緑のぼかしなど、当たり前ですが良く似ているなぁと感じました。皆さんの御好みは どの花でしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
整形花・白花1/沖縄国際洋蘭博覧会 2013、APOC11 PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる