PAPHIO IN OKINAWA-Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS (Transvaal x Island Mist)が咲きました

<<   作成日時 : 2014/07/28 18:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
母木に用いたのは Paph. Transvaal 'Verlayne' AM/AOS (rothschildianum x chamberlainianum)。 もはや思い出せないぐらい前に枯れました。Transvaal 'Ordinary' や 'Southern Cross' ('Dogashima' の兄弟株)とは系統が異なる、外国産の Transvaal です。
画像
花粉親に用いたのは Paph. Island Mist (Greyi x Mystic Isle)。 我が家では珍しいアルバタイプの花です。

交配の目的は、もちろん Royal Wedding (Transvaal x niveum) や Winter Capricorn (Greyi album x Transvaal) の二番煎じ。 今に思えば別の組み合わせにしておけば良かったかなぁとも思うんですけどね。 二番煎じと書いたように、Royal Wedding や Winter Capricorn を超えようと思う事自体が間違い。 ただ、交配を始めた初期の交配なので、発想の広がりが有りませんでした。

昨年の この交配としては初開花の際、交配の片親に使われている Island Mist から、突如として登録名「Okinawa Island」が頭に降りてきたオリジナル。 ある意味予想通り、それでも思った以上のペタル幅と濃色の花は満足に値するもので、'Made in Okinawa' と名付けました。
画像
2013年初花(NS ; 111 x 92mm、DSW ; 48mm、PW ; 27mm、Stem ; 95mm)

先日、Transvaal の別個体 'Moon Walk' を使い、更に今回は Island Mist の方を母木にしてリメイクを行ったものの、僅か八日で失敗に終わりました。・・・って事は、上の 'Made in Okinawa' と未開花苗の2苗しか残っていない現状のまま、あらためてリメイクを待つ事に。 もちろん現在でも登録は可能な訳で、どうしようかと考えている間に二年連続の開花です。
画像
NS ; 124 x 81mm
DSW ; 44mm
PW ; 25mm
Stem ; 160mm(1輪目まで、3輪目までは 190mm)
画像
明らかに母木の Transvaal の特徴が花全体、特にドーサルに現れていた前回とは違い、今回は微妙なピンクが発色しています。良く見ると、ドーサルの薄いグリーンが お判りかと思うのですが、前回の印象が強く残っているだけに、一年経っただけで こうも見た目が変わるのかと驚きますね。 やはり Transvaal とブラキの掛け合わせは、我が家の Lawless Le Prophete (Conco-bellatulum x Transvaal 'Esprit') や Winter Capricorn (Greyi album x Transvaal 'Sawako') 同様、咲く度に表情が違います。ペタルの張りは今回が抜群に良い一方、全体のインパクトは初花の時が私好み。 いずれにしても、良い花が咲いてくれて満足です。

画像
・・・オリジナルの思い入れが有るだけに、また、母木の 'Verlayne' を枯らしただけに、やっぱり登録すべきかなぁと悩みますね。 ただ、私自身は この系統を次の世代に進める予定が無いんですよ。 だから2苗だけの現状で登録すべきか悩んでいるんです。とりあえず Island Mist は株分けも出来て毎年咲きそうな感じですし、もう少し様子を見ましょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(Transvaal x Island Mist)が咲きました PAPHIO IN OKINAWA-Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる