こちらも失敗

画像
2014年 6月、Paph. niveum 'Orion' ('Select #1' x 'C.R.Cocoon') が咲きました。
画像
花粉親に用いたのは Paph. Freckles 'Sprite' (Burleigh Mohur x F .C. Puddle)。 開花は 2012年なので、二年間保存していた花粉を使っています。我が家の素材の中では、この花は niveum との組み合わせしか考えられないので実行した訳ですが・・・。実は二年前、'Sprite' を母木にして niveum を掛け合わせたものの失敗に終わっています。花粉親として用いた niveum の個体は覚えていません。 再チャレンジの想いを持ちつつも、確率としては非常に低いでしょう。 発芽するだけでも御の字の組み合わせと言えます。

上記の目的をもって試みた交配。 先日、五年間保存していたロスの花粉を用いた Saint Swithin のリメイク失敗に続き、こちらも失敗に終わりました。共通しているのは、どちらも台風が通過した後に莢が急に褐変した事。 中に種が入っていない → スカスカ状態の莢が、気圧の急激な変化で凹んでしまうのでしょうね。 なんで、台風の後は毎年のように莢が弾けるものが幾つか出ます。 このブログを御覧の方で交配を行っている方が いらっしゃれば、台風19号が過ぎ去った今週末は要チェックですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント