オリジナル niveum 2~4個体目までを一気に

画像
母木 'Orion' ('Select #1' x 'C.R.Cocoon')
我が家の niveum の中では NS が大きく (最大 NS 68mm)、ステムの長さも 15cm を超えた事が有る。 しかしドーサルが波打ち、全体的に点も多いので何となく濁った印象。 1ステム 2輪咲き、ただし 1輪咲きが ほとんど。 国内の交配。

画像
花粉親 'Okinawa Venus' (ホームセンターで購入)
ペタルに入る点が最も少ないが、花も小さい (52mm)。 1ステム 2輪咲き。 国内の交配。

私の niveum の交配は、1輪咲きと2輪咲きの組み合わせ花の大きい個体と小さい個体、そして点の多い個体と少ない個体の組み合わせが基本となっています。

画像
この交配として初開花の一個体目(NS ; 49 x 49mm、DSW ; 40mm、PW ; 29mm、Stem ; 100mm)


まずは兄弟株の二個体目から。
画像
NS ; 60 x 47mm
DSW ; 38mm
PW ; 27mm
Stem ; 130mm
画像
後日紹介するトップフラスコからの開花株(=五個体目)含め、最もペタルの展開は良い。 リップにも点が入っていないため、見た目的にはスッキリしているものの、ドーサルの波打ちが全体の印象を だらしなくしてしまった。株の状態で修正されるのか、今後の展開は読めません。


続いて三個体目。
画像
NS ; 50 x 47mm
DSW ; 37mm
PW ; 29mm
Stem ; 115mm
画像
はっきり言って花形は完璧! 双方の親よりも形だけで言えば凌いでいると言える程で、一個体目と同じぐらいテンションが上がりました。これでリップに細かい点が入らなければ・・・。それでも、この交配を行って良かったと思える一株です。因みに 6cm(2寸)ポットでの開花なので、作落ちしなければ NS も大きくなるでしょう。


そして四個体目。
画像
NS ; 53 x 43mm
DSW ; 33mm
PW ; 26mm
Stem ; 115mm
画像
一転、今回の開花で形が最も崩れていた個体。 言い訳させてもらえば、株が鉢から完全に浮き上がり、根が露出しています。植え替えによって様変わりするのか、しないのか。 今後は改善されるだけ・・・だと思いたい。

購入株なり、頂いた株なり、他所から入ってきた計5株の niveum だけでも様々な表情を見てきた訳ですが、オリジナルとしてマジマジと見ている分、花全体の印象は兄弟株と言えども豊かです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント