オリジナル Benkei 三個体目の開花

画像
2009年 5月に咲いたオーキッドゾーン交配の S. Gratrix 'Black Pearl' (bellatulum 'Tyger Tyger' x leucochilum 'Oz')。 花は小粒ながら予想外に濃色の花です。  
画像
そして同じく 2009年の 6月に咲いた Paph. leucochilum 'Black Pearl' ('Big Mu' x 'Big Bout No.2')。 この株を母木として S. Gratrix 'Black Pearl' の花粉を掛け合わせました。出来る品種は Paph. Benkei のリメイクになります。果たして黒装束をまとった弁慶が咲くか。 リップだけ白いのも面白いコントラストになるかも?

自身の持っている株に限界を感じ、中断していた純粋なブラキ交配を再開する きっかけとなった交配。 個人的には母木の 'Big Mu' と花粉親の 'Oz' が融合した実生は貴重に感じており、苗が出来た時点で全ての株が選抜対象です。2013年に初開花、昨年も一個体が咲きました。
画像
2013年 'Okinawa'(NS ; 71 x 64mm、DSW ; 48mm、PW ; 38mm、Stem ; 30mm)

画像
2014年 'Oniwaka'(NS ; 75 x 65mm、DSW ; 45mm、PW ; 41mm、Stem ; 38mm)

沖縄本島は、6月初めから一ヶ月以上も真夏日が続きました。木~金にかけて襲来した台風の影響で、それがストップしたか定かでは無いものの、株の幾つかは高温障害が生じています。リーフスパン 10cmそこそこに蕾が出てきた株を見て、当初からテンションは今いち。 さて、三個体目の花は・・・。
画像
NS ; 58 x 48mm
DSW ; 33mm
PW ; 27mm
Stem ; 25mm
画像
ドーサル幅とペタル幅の数値で、実際の大きさが想像出来るかと。 より具体的に現すのは・・・。

画像
先日咲いたオリジナルの niveum 然り、トップバッターの開花が その交配のベストになってしまいそうな気配。 いや、この交配は少なくとも二桁の開花が見込まれる程度の苗が生き残っています。来年以降も希望は有りますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント