Lawless Le Prophete 'Neo Esprit' が咲きました

我が家の 2015-2016シーズンは、Transvaal 及び その F1世代を中心として始まりました。先に紹介した Transvaal 'Ordinary' とは交配親が全く異なるものの、F1世代の一つ、Paph. Lawless Le Prophete 'Neo Esprit' (Conco-bellatulum 'Exotica' x Transvaal 'Esprit) が二年ぶりの開花です。
画像
NS ; 135 x 92mm
DSW ; 46mm
PW ; 20mm
Stem ; 145mm
画像
画像
二年前の開花が初花のインパクトとはガラッと変わったため、開き始めるまで不安でしたね。 実際に開いてみて、その不安は払拭・・・されないまでも、まぁまぁ無難な咲き方と言えるでしょう。 とにかく、Transvaal x ブラキは咲く時々によって花型が変わるのが、良くも悪くも自身の栽培を反映させる系統です。

画像
2013年(NS ; 130 x 101mm、DSW ; 38mm、PW ; 19mm、Stem ; 175mm)

画像
2012年 (NS ; 123 x 129mm、DSW ; 53mm、PW ; 20mm)

画像
2010年(NS ; 146 x 99mm、DSW ; 48mm、PW ; 20mm)

画像
2009年初花 (NS ; 140mm、DSW ; 52mm、PW ; 20mm)

画像
画像
画像
隣は冒頭にも書いた Transvaal 'Ordinary'。 東京ドームで大賞を受賞した Royal Wedding (Transvaal x niveum) の兄弟株か niveum の親違い株がN氏経由で我が家に加わったものの、とにかくクセが強く、成長は芳しくありません。 それを間近で見ているだけに、この 'Neo Esprit' の強健さを常に感じるんですよ。 さて、栽培棚では既にオリジナルの Transvaal x ブラキが咲き始めています。次は その個体との比較を報告しますので。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント