Paph. Mount Toro 'Summit' が二年ぶりの開花です

2005年に Yamato No-en さんから購入した Paph. Mount Toro (stonei 'James' CBM/AOS x philippinense var. roebelinii 'Grace' AM/AOS)。 購入先は国内ですが外国の交配で (Z-2152)、我が家で最も大株の 'Twister' と同じく philippinense var. roebelinii を用いた系統です(ただし、交配親は両方とも別)。購入から八年目にして初花が咲いてくれました。
画像
2013年初花(NS ; 82 x 210mm、DSW ; 38mm、P ; 8 x 170mm、Stem ; 210mm(1輪目まで、3輪目まで含めると 325mm))

画像
2014年(NS ; 90 x 215mm、DSW ; 39mm、P ; 7 x 180mm(以上 1輪目)、Stem ; 200mm(2輪目まで合わせると 275mm))
前回の開花の際、山の名前を冠した品種名に因み、個体名を 'Summit' と名付けた次第。 自分でもセンスに欠けるなぁと思いつつ、あらためて考える気力も無い・・・。そして今年、二年ぶりの開花です。

画像
NS ; 65 x 226mm
DSW ; 39mm
Petal ; 8 x 185mm(2輪目)
Stem ; 170mm(1輪目まで、3輪目までは 320mm)
画像
咲く度に感じる色の濃さ。 その特徴は今回も発揮されています。そして株のコンパクトさと花の小ささも変わらず。 この個体は philippinense 寄りの花と断定して良いでしょう。

三年前ぐらいなら、ポリアンサが咲いた時は必ず何かしらの交配してたんですけどね。 最近は発想力は もとより、チャレンジする気持ちも下降気味。 その気力は蕾が出てきたロスが咲くまで取っときましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント