今年 御披露目の niveum

画像
母木 'Orion' ('Select #1' x 'C.R.Cocoon')
我が家の niveum の中では NS が大きく (最大 NS 68mm)、ステムの長さも 15cm を超えた事が有る。 しかしドーサルが波打ち、全体的に点も多いので何となく濁った印象。 1ステム 2輪咲き、ただし 1輪咲きが ほとんど。 国内の交配。

画像
花粉親 'Okinawa Venus' (ホームセンターで購入)
ペタルに入る点が最も少ないが、花も小さい (52mm)。 1ステム 2輪咲き。 国内の交配。

私の niveum の交配は、1輪咲きと2輪咲きの組み合わせ花の大きい個体と小さい個体、そして点の多い個体と少ない個体の組み合わせが基本となっています。

画像
1個体目 'Made in Okinawa' (NS ; 49 x 49mm、DSW ; 40mm、PW ; 29mm、Stem ; 100mm)

画像
二個体目(NS ; 60 x 47mm、DSW ; 38mm、PW ; 27mm、Stem ; 130mm)

画像
三個体目 'Churahime' (NS ; 50 x 47mm、DSW ; 37mm、PW ; 29mm、Stem ; 115mm)

画像
四個体目(NS ; 53 x 43mm、DSW ; 33mm、PW ; 26mm、Stem ; 115mm)

画像
画像
五個体目、且つトップフラスコからの開花(NS ; 54 x 45m、DSW ; 37mm、PW ; 27mm、Stem ; 110mm)

昨年、niveum のオリジナル三交配のうち、上の一系統だけが五個体咲いてくれました。現在も他の二系統は初御披露目の予定が立たない中、同じ系統が今年は二個体が初開花です。

画像
画像
六個体目(NS ; 49 x 44mm、DSW ; 32mm、PW ; 23mm、Stem ; 120mm)

画像
この交配としてはペタルの展開が良い方。 ただ、それがプラスかと言うと微妙。 でもまぁステムも 12cm に達しましたし、次の開花を期待出来る個体と言えますね。

画像
画像
七個体目(NS ; 41 x 40mm、DSW ; 34mm、PW ; 25mm、Stem ; 100mm)

画像
画像でも明らかな抱え咲き、しかもドーサルが若干 ヨレッとしてますが、今回の二個体で言えば私の好みは こっちの方。 縦径と横径が ほぼ同じのバランス、そしてドーサルの前面に点が入っていないスッキリ感が良いんですよ。 次はペタルが展開して欲しいのでは無く、そのまま一回り大きくなって欲しい、そう思わせる個体です。

ただ、昨年の個体と併せて見比べると、依然としてトップバッターの 'Made in Okinawa' が頭一つ抜きんでた状態は変わりません。 う~ん、このままだと、我が家のオリジナルはトップバッターが その交配のベスト個体と言うジンクスを抜け出せない・・・。いや、この交配は後に控えている株が未だ多数あります。再び個体名を付けられる花との出会いを期待しましょう。

この記事へのコメント