テーマ:パフィオ

パフィオ入賞花3/カテゴリー審査リボン賞

Paph. venustum カテゴリー審査レッドリボン/OIOS 2017 リップに入る筋の何とも毒々しい事。 気難しいと言われる原種を見事な株作りです。 Paph. Battle of Egypt 'Alpha' カテゴリー審査レッドリボン/OIOS 2017 (Miracle x Redstart) これまたクセの強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パフィオ入賞花1/認定審査 AM入賞花

Paph. venustum var. album 'Yorozu' AM/OIOS 2017 Paph. wardii 'Ren' AM/OIOS 2017 十年余り蘭展を見学して、沖縄と本州の蘭愛好の一番の違いを感じたのが このタイプの原種。 原種そのものに対する嗜好も沖縄は少ないのですが、とりわけシグマト系とインシグネ系原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

niveum 'Made in Okinawa' が二年連続の開花です

母木 'Orion' ('Select #1' x 'C.R.Cocoon') 我が家の niveum の中では NS が大きく (最大 NS 68mm)、ステムの長さも 15cm を超えた事が有る。 しかしドーサルが波打ち、全体的に点も多いので何となく濁った印象。 1ステム 2輪咲き、ただし 1輪咲きが ほとんど。 国内の交配。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年 御披露目の niveum

母木 'Orion' ('Select #1' x 'C.R.Cocoon') 我が家の niveum の中では NS が大きく (最大 NS 68mm)、ステムの長さも 15cm を超えた事が有る。 しかしドーサルが波打ち、全体的に点も多いので何となく濁った印象。 1ステム 2輪咲き、ただし 1輪咲きが ほとんど。 国内の交配。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国内最後の Screaming Eagle 開花?

もはや自身でも購入した年を覚えていない Paph. Screaming Eagle (Berenice 'Bion' GM/CSA x sanderianum 'Jacobs Ladder')。 リストをチェックしたところ、2003年でした。その間、沖縄国際洋蘭博覧会に於いて、下の二個体を拝見しています。 HCC 入賞/OIOS …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラキシーズン

梅雨真っ只中の沖縄。 6月に入っても未だに台風が全く発生しないと言う、沖縄人にとっては逆に不安な気候が続く中、ブラキシーズンが始まっています。上の画像はオリジナルの niveum。 実は向かって右側の個体は、支柱を立てる時にステムが折れてしまいました・・・。そのまま様子を見ますが、完全な展開は厳しいかも? こちらもオリジナルの P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Taida Glaucothum 'Arcadia' が三年ぶりの開花です

仲里園芸さんから購入した台湾産の Paph. Taida Glaucothum 'Arcadia'。 名前の通り、glaucophyllum と micranthum が合わさったプライマリーなんですが、ラベルに詳細が書かれていないため、どちらが母木かは不明。 ただ、株の強健さは micranthum の直接の子供とは思えないほどです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bella Lucia が二年ぶりの開花です

ブラキの三原種が組み合わさった Paph. Bella Lucia (Wellesleyanum 'Purity' x bellatulum 'Big Spots')。 いつも書いているように、我が家としては珍しい concolor の遺伝子が入った系統。 極端な抱え咲きが固定されている・・・と思いつつ、実は開花の度に少しずつ展開してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初開花と二度目

上は、4月24日の当ブログに載せた画像。 オリジナル niveum ('Orion' x 'Okinawa Venus') の、今年初開花の二株です。ひと月余り経った現在の様子はと言いますと。 ・・・ピンボケで すみません。 格安のデジカメを買ったもんで、ちょっと性能が悪い。 ともかく、二つとも順調にステムが伸びてます。去年は兄弟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Delrosi 'Akemodoro' が三年ぶりに咲いてくれました

今から十年近く前、本州からポリアンサ他、割と珍しい系統が沖縄に流れてきた頃にホームセンターで購入した一株が、今日紹介する Paph. Delrosi 'Akemodoro'。 個体名の「明けもどろ」は、朝日を受けて空が次第に赤く染まっていく様を意味する沖縄の古い言葉です。 2013年(NS ; 143 x 83mm、DSW ; 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十一年ぶりのロスの開花です

遡る事 2005年に Fuji Nurs. さんから蕾付きで購入した Paph. rothschildianum ('Tiger March' SM/JOGA x 'Mont Millais' FCC/RHS)。 当時は ('Mont Millais' x 'Val') は元より、確か 'Mont Millais' のセルフなどが全盛の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Paph. Tiger Balm 'Golden Age' が三年ぶりの開花です

大好きな Transvaal 交配の一つ、Paph. Tiger Balm (Transvaal x armeniacum)。 Transvaal とパービの組み合わせとしては、沖縄国際洋蘭博覧会にも数年に一度は出展される Pink Bandit (Transvaal x delenatii) の名が挙げられるものの、micranthu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不精の結果の三輪目

年明け、我が家の今年の開花情報の一番手として紹介したオリジナル U/R (Transvaal 'Verlayne' AM/AOS x Island Mist 'Curiosity') 'Made in Okinawa'。 上は 1月11日に載せたもの。 ↑ これは1月下旬に開いた2輪目。 そして花が終わってもステムをカットし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十一年前と一緒でした

この前の日曜日、いつものように夕方の水やりをしていた際、十一年ぶりに二度目の開花を迎えたロス ('Tiger March' SM/JOGA x 'Mont Millais' FCC/RHS) が開き始めているのに気づき、慌てて撮影した次第。 実は十一年前も、開き始めから全開するまでの様子を当時のホームページに載せました。その後、容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BSサイズ購入から十三年・・・

2003年に田口さんから購入した Paph. Screaming Eagle (Berenice 'Bion' GM/CSA x sanderianum 'Jacobs Ladder')。 当時から sanderianum に苦手意識を持っていたので、BSサイズならばと購入に踏み切った記憶が有ります。自身のリストを確認したところ、200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラキシーズン開幕

・・・の前に、まずは Paph. roths. ('Tiger March' x 'Mont Millais') の蕾から。 ロスで二輪咲きは逆に珍しいですが、咲いてくれるだけでも御の字。 今や ('Mont Millais' x 'Val') の孫、それとも曾孫世代?が本州の蘭展を彩る中、久しぶりに赤っぽいロスを御見せ出来るかと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不精ゆえに・・・part2

今月の初めに報告した Paph. U/R (Transvaal 'Verlayne' AM/AOS x Ialsnd Mist 'Curiosity') 'Made in Okinawa' の蕾。 この時期の三寒四温のせいか? 2輪目の開花(1月下旬)から時間を置いて3つ目の蕾が出てきました。 これが約二週間経った今朝の様子。 不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年最高のテンション!

遡る事 この前の日曜日、いつものように夕方の水やりを行っていました。このブログを開設した頃の蘭展に対する気持ちは激減し、実は植え替えも一年以上サボってます。水やりでさえ、翌日に延ばそうと言う気持ちを何とか抑え、中二日~中三日の間隔を保っている次第。 なにか再びテンションを上げるものは無いかと思っていたところ・・・。 見つけた瞬間、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2輪目は こんな感じでした

年明け、我が家の今年の開花情報の一番手として紹介したオリジナル U/R (Transvaal 'Verlayne' AM/AOS x Island Mist 'Curiosity') 'Made in Okinawa'。 過去、母木寄り、花粉親(ブラキ)寄りと咲いてきた中、今回は母木寄りの花でした。実は蘭展の画像を紹介する前、1月下旬に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘭展出展株/パフィオ・整形花2

Paph. Hama Chris 'Mie' (Glosan x La Honda) ※正確には Hamana では無く、上記の綴りが正しいようです。 Paph. Giantstone 'Nice round shape' (Pacific Shamrock x Elfstone) Paph. U/R (Lippewu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘭展出展株/パフィオ・シグマト系

Paph. wardii '#5' これで入賞出来ないんだから、この原種のレベルは やっぱり高い。 Paph. venustum fma. album Paph. U/R (callosum x Aylingii) ※花粉親の Aylingii = ciliolare x niveum niveum の強烈な白い遺伝子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の蘭展で印象に残ったパフィオ

まずは上の花、パッと見て品種名が わかりますか? 私は直ぐに Dollgoldi、つまり armeniacum x rothschildianum だと思いました。ところがネームプレートは Paph. Pontac 'Hitomi'。 会場では系統が判断できず、ベトナム産ハンギを用いた交配と予想した次第。 自宅に戻って検索したところ、上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パフィオ入賞花・その2/認定審査及びカテゴリー審査受賞

Paph. wardii 'Yorozu-2' HCC/OIOS 2016 原色嗜好の沖縄では地味と評される原種ですが、一度は咲かせてみたい花。 実際、本州から流れてきたものにチャレンジするも、敢え無く撃沈。 結局、未だに手が届かない存在です。 Paph. wardii var. aureum 'N.Nakamura' ブルーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more