テーマ:沖縄国際洋蘭博覧会 2011

プレイバック沖縄国際洋蘭博覧会 2011

沖縄で年に一度の国際蘭展が終了して既に二ヶ月余りが経ちました。あらためまして、本州から はるばる沖縄まで蘭を出品して頂いた皆様に感謝いたします。 今回撮影した株は「314株」。 以下、属別の内訳です。 ・パフィオ・フラグミ(切花部門含む、以下同)・・・ 155株 ・カトレア・・・ 68株 ・デンドロビウム・・・ 18株 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他の属・2、切花部門/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Arundina graminifolia 花のアップは同一個体では無く、別個体の花です。沖縄に自生する蘭の一種で、和名は「ナリヤラン」。 まさしくミニカトレアを感じさせる雰囲気の花が、見上げる高さの先で風に揺れる様は、いかにも原種と言う雰囲気を醸し出していました。 Neof. falcata '天恵覆輪' 本州では洋蘭と東洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他の属・1/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Onc. gardneri ? どうも原種の雰囲気を感じないので検索してみたところ、全く異なる花が出てきました。残念ながら、別のラベルが挿されていたようです。 Rossioglossum (Odm.) Rawdon Jester 'Yoshimi' (grande x williamsianum) 相変わらずデカッ! この品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lyc., Cym./沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Lyc. Abou Rits 'Tomo Beauty' (Abou First Spring x Chita Melody) Lyc. Abou Sunset 'Red' (Chita Sunset x Alan Salzman) ここ数年、Abou ~シリーズの名前を見るようになり、この蘭展でも過去に入賞いたしました。リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

V., Rhy., Aer./沖縄国際洋蘭博覧会 2011

バンダコーナー Rhy. gigantea コーナー V. lamellata コーナー 沖縄の蘭愛好家に抜群の人気を誇る Rhy. gigantea と V. lamellata。 しかしながら、gigantea は沖縄本島、lamellata は宮古・八重山に愛好家が分かれる傾向に有ります(もちろん、両種を栽培して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コチョウラン/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Dtps. U/R (Hsinying Mount x Arakaki Black Eagle) Dtps. Jungo City (Chian Xen Pearl x Brother Success) 以上、新垣洋らん園さんの出展。 外国におされがちのコチョウラン交配の中で、積極的な交配、登録を現在も行っています。 D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンドロビウム/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Den. sulawesiense 'Misaki Dream' HCC/OIOS (2008) まずは 2008年、この蘭展で HCC を受賞した個体から。 本州と沖縄の間の環境の変化で相当疲れる筈なのに、この株作り。 さすがです。 Den. chrysopterum 'Sea Girt' 同じ方、あるいは御夫婦の出展で間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カトレア・特殊交配/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

C. Calvin Grisafe (walkeriana x Thospol Spot) 片親の Thosopol Spot の系図を辿ると、aclandiae と言う原種が繰り返し交配に用いられています。その原種の特徴でしょうか、片親が walkeriana のノベルティーとしては、非常に個性的な花を見る事が出来ました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カトレア・黄色系/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Rlc. U/R (Golden Square x Chunyeah) 'Ishikawa' Rlc. U/R (Golden Square x Chunyeah) 'Takahara' 共にらんの里沖縄さんの出展。 兄弟株で間違い無い・・・でしょう。 ちなみに、昨年も同一交配であろう株が出品されていました。らんの里沖縄 出展、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カトレア・赤系/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

昨年から展示形式に関し、それまでの同好会別から属別への展示となりました。上の画像が、言わばカトレアブースの入り口にあたる所です。 Rlc. (Pot.) Kozo's Scarlet 'Vi-Emi' (Rlc. Waianae Comet x C. Pixie Pearls) その入り口で、まず目を惹いたのがこの真紅のカトレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形花グリーン・3/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Paph. Emerald Moon (Emerald Crown x William Sanders) 1996年大和農園洋蘭部の登録 撮影アングルからも御分りの通り、手を伸ばしても届かない場所に展示されていました。出来れば真正面から見たかった。 パフィオも植物なので、気候の変動が蕾形成に影響を与えます。よって毎年蘭展を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形花グリーン・2/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Paph. Sheerline 'Rondo' (Bradford x Lemon Hart) 以前、この品種は本州から花付きで流れてきたのを見た覚えがあります。国内では割と流通しているのでしょうか。 Paph. U/R (Via Exacto 'YS-B1' x Bradford 'Domn Tands') 片親は上の品種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形花・アンバー/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Paph. Lippewunder 'Long Well' HCC/OIOS (2010) (Anja x Memoria Arthur Falk) この品種の 'Iwakuni' と言う個体を 2006年に見た時は衝撃的で、整形花でいち早く名前がインプットされた品種の一つです。ちなみに、この 'Long Well' は昨年(201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形花・ピンク/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

昨年は、整形花ピンクを蘭展の締めとして紹介しました。断言は出来ないものの、昨年の本州の酷暑が影響しているようで、今年はピンク系が かなり少なくなりました。アンバー系を含めて私の場合、赤・点花でも無く、白やグリーンとも言えない微妙な花色をピンクやアンバーとして紹介しております。あくまでも個人的主観ですので、その旨御了承下さい。 Pa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形花・白(2)/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Paph. Biwa Snow White 'Ryu' (Green Festival x Knight's Niveum) 蘭展に出展される様々な白の整形花。 初めて この品種を見たのは 2007年でした。その中でも、この個体は私が実物を見てきたた中では ずば抜けて良いですね。 今年の蘭展で印象に残った花の一つです。 Pap…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形花・白(1)/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Paph. Phips (Aureum x Boltonii) 今年の蘭展でホワイトリボンを受賞した Tsuya Ikeda 'Koiso' の親品種にあたります。昨年出展されていたピンク花の祖先を遡った時に、Skip Bartlett でも White Knight でも無く、この品種が用いられていると知った時には驚きましたね。P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インシグネ系・3/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Paph. gratrixianum 'Tiger' Paph. gratrixianum 'Kashiwa' Paph. villosum 'No.1' 昨年は、この蘭展で villosum が AM を受賞いたしました(個体名 'Ocean')。私にとっては依然として遠い存在の原種ながらも、近年におけるレベルアップは自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インシグネ系・1/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

今年の沖縄国際洋蘭博覧会は、例年に無くインシグネ系(正確にはパフィオペディルム亜属ですが、紛らわしいのでインシグネ系としています)、しかも原種の出展が多かったですね。 順に紹介していきます。 Paph. insigne Paph. insigne Paph. insigne 'Myoken' 一昔前のこの原種は、グリーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポリアンサ・2/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Paph. Transvaal 'Une' (chamberlainianum x rothschildianum) 御覧の通り、個体名がステムに隠れているのに気づきませんでした。違う名前の可能性も有ります。 Paph. Lebeau 'Tokumoto' (Transvaal x rothschildianum) 数年前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポリアンサ系・1/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

花そのものが大きくて見応えが有り、しかも 1つのステムに幾輪も花が咲くポリアンサ系。 蘭展には欠かせない存在と言えるでしょう。 他の亜属との交配を含めて紹介いたします。 Paph. adductum 'Suigen' いや~、ついに この原種を肉眼で見る事が出来ました。独特な色彩のドーサル、捩れと言うよりも湾曲しているペタル。 ポリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラキ、パービ系、フラグミ/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

他の亜属に比べると圧倒的に少ないブラキの出展。 今年は bellatulum 3株のみ。 特に少なかった・・・。パービ、フラグミと併せて紹介いたします。 Paph. bellatulum まずはスタンダードなベラから。 Paph. bellatulum 'Kashiwa' いわゆるセミアルバタイプと呼ばれるものでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シグマト・1/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

沖縄国際洋蘭博覧会 2011が終了してから既に 1ヶ月余り。 しかしながら、実は撮影した数の 3分の1も終わっていません。 これから出展された蘭を属別に紹介いたします。まずはパフィオから。 Paph. venustum ('T1' x 'Orange Marble') Paph. venustum 'Suigen' この原種は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入賞候補(Aer., Angcm., Bulb., 切り花部門)/沖縄国際洋蘭博覧会 2011

Aer. lawrenceana 展示している場所が暗かったので、全体を撮影した画像は思った以上にピンボケでした。買い換えたデジカメを過信し過ぎた感が有ります。 Angcm. eburneum それぞれ別の個体。 過去、2000年九州・沖縄サミットの年に大賞を受賞した原種です。もう十年以上も前かぁ。 Bulb. gran…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more