テーマ:沖縄国際洋蘭博覧会 2010

プレイバック 沖縄国際洋蘭博覧会 2010

沖縄で年に一度の国際蘭展が終了して既に二ヶ月が過ぎました。昨年同様に今年も東京ドームと日程が重なりましたが、それでも本州から はるばる沖縄まで蘭を出品して頂いた皆様に感謝いたします。 今回撮影した株は「272株」。 蘭展前からお断りしていた通り、今年から撮影はパフィオに集中し、それ以外の属は数を抑えました。それにしても今年はパフィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/整形花ピンク

例年ならば蘭展に出品されたパフィオの紹介は整形花の赤花・点花系で締めますが、今年は趣向を変えてピンク花を最後に紹介する事にしました。言わば、日本独自で発展している系統です。ただし、あくまでも私自身の見た目で「この花はピンクだなぁ」と思う花をピックアップしています。この点、御了承下さい。 Paph. Carmen Coll 'Rie…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/整形赤花・点花系2

Paph. Orchilla 'Chilton' (Paeony x Redstart) 同品種の別個体です。今年は例年に比べて出品が多く、しかも花そのものが綺麗に咲いていました。あまりにありふれ過ぎて注目されない個体ですが、やはり良い花ですね。 Paph. Battle of Egypt 'Alpha' (Miracle …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/整形赤花・点花系1

今年の沖縄国際洋蘭博覧会に出品された蘭の紹介も 200株を超えました。これから整形花の赤花・点花系に入ります。いよいよ終盤に入ったと言う感じでしょうか。 ただ、例年に比べて出品数の多い整形花の中でも特に多かったのが、この赤・点花系です。 Paph. Winston Churchill 'Redoutable' (Eridge x…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/アンバー系・その他

タイトルにはアンバー系他と書いていますが、私としてはグリーン・黄色系でも赤花・点花系でも白系でも無いものを一括りに まとめています。この分野に詳しい方からすると「えっ?」と思われる事もあるでしょうが、あくまでも私自身の見た目で判断しました。御了承お願い致します。 Paph. Peter Black 'Emerald' (Litt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/整形花・白系その1

蘭展に出品されたパフィオの紹介も いよいよ終盤・・・では有りません。 パフィオだけで出品数が 200近くあった今年、実は これから紹介する整形花だけで 100株を優に超えます。まだ正確に数えてはいないものの、今年撮影した総数が 250~260なので未だ 6割を過ぎたぐらいでしょうか。 自分にとって依然として遠いジャンルなので的外れなコメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/Phragmipedium

整形花に入る前に、今年出品されたフラグミの紹介をしておきます。 Phrag. Cardinal-Schlim 'Noriko' (Cardinale x schlimii) まずは見慣れない品種から。  系統を遡っていくと Cardinale = Sedenii x schilimii、さらに Sedenii = longif…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/特殊交配

これから紹介するのは亜属間に跨る特殊な交配。 なかなか次世代が出来ない反面、これからのパフィオの新たな方向性を示唆する花です。 Paph. Ma Belle 'Duck' (malipoense x bellatulum) まずはパービ x ブラキ。 他にも Wossner Bellarmi (malipoense x arm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/インシグネ系

自分にとっては少々遠い存在の亜属。 交配種を含めて紹介いたします。 Paph. insigne Paph. insigne 'Gigass' 以前の この種と言うとアルバ個体しか見かけませんでした。最近は、むしろ このようなタイプを良く見ます。 Paph. villosum この蘭展に出品される花だけを見ても花色にバリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/ポリアンサ系2

昨日に続いてポリアンサ系の紹介・・・と言っても純粋なポリアンサ交配では有りません。 これから紹介するのは全て亜属間交配ですが、株の大きさや花の形など、ポリアンサの要素を色濃く反映している系統です。 Paph. Lebeau (Transvaal x rothschildianum) まずは王道とでも言うべき品種から。 台湾がポリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/ポリアンサ系

昨年に比べると今年はポリアンサ系の出品が多かったですね。 ただ、例年なら 2~3株出品されるロスが昨年に続いて全く無かったのが残念でした。 Paph. bodegomii いきなり聞き慣れない原種。 撮影時には philippinense の変種だと思ったものの、帰って調べてみると glanduliferum の変種だとか。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/パービ系

Paph. Fanaticum 'Red October' (malipoense x micranthum) フラッシュ撮影の影響はあるものの、今年 AM に入賞した花とはがらっと雰囲気が違いますね。  ペタルにくっきりと入ったラインがインパクトを強くしています。 Paph. Norito Hasegawa ネームプレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/ブラキ&コクロ

海洋博蘭展の時期は東京ドームと重なっている影響もあって、ブラキの出品は ほとんど有りません。 コクロ系とまとめて紹介いたします。 Paph. bellatulum 'Wonder Boy' 昨年入賞した 'C.R.'系、今年入賞した 'M-U'系含め、本州のベラを間近で見れるのは嬉しいものです。この株も点の入り方が素晴らしいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株・パフィオ/シグマト

沖縄国際洋蘭博覧会 2010。  パフィオだけで AM 入賞が 6株出たのに加え出品された株も 200近くに達し、過去最高と言っても良い展示でした。これからセクション別に紹介していきます。まずは私が好きなシグマトから。 Paph. tonsum 'N.Nakamura' まずは初めて見る原種。  もちろんネットで画像は見た事があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次こそは(入賞候補)/切花部門

一次審査を通りながら惜しくも入賞を逃した花の紹介も今日が最後。  切花部門です。 Den. 'Long Queen Pink' 英語の表記ですがサンダースに登録されている品種名では無く、いわゆる「商品名」。  切花ではごく普通の名称記載です。 Mokara Five Friendships Fullmoon '#2' …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次こそは(入賞候補)/V.、Epic.、Haemaria、Rgm.、Ida

一次審査を通りながら惜しくも入賞を逃した花の紹介です。   V. U/R (Bangyikhan Red x Bitz's Heartthrob) 昨年から海外からのバンダの出品が少ないのが残念。  例年なら 3,4株は入賞候補に上がるこの属も今年は一株のみでした。東京ドームと重なっている影響でしょうね。  まぁ仕方無いでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次こそは(入賞候補)/Phal.、Lyc.

一次審査を通りながら惜しくも入賞を逃した花。 コチョウランとリカステです。 Dtps. Jiubao Queen Beer 'Arakaki #3' (Phal. Taisuco Roseherz x Dtps. Formosa Rose) 個体名からも お判りの通り、「新垣洋らん園」さんの出品です。 Dtps. Liu's…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次こそは(入賞候補)/カトレア・その2

昨日に続き、一次審査を通りながら惜しくも入賞を逃したカトレアです。 Rlc. Success Dream 'Amina' (C. Horace x Rlc. Don De Michaels) さすが Horace の子供と言った感じの花ですね。  22年前の登録ながら色褪せる事がありません。 C. Melody Fa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次こそは(入賞候補)/カトレア・その1

蘭展審査の一次審査を通りながら惜しくも入賞を逃した作品。 カトレアの紹介です。 Rlc. U/R (Golden Square x Chunyeah) 'Katsuren' まずは「らんの里沖縄」さんの出品から。 さすが毎年 実生の良花を出品されますね。 ちなみに個体名の 'Katsuren' = 勝連。 おそらく地名だと思うのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次こそは(入賞候補)/パフィオ

これから紹介するのは入賞を あと一歩で逃した株。 それが何故わかるのかと言うと、それぞれの株元に候補に挙げられた事を記す番号札が取り付けられているからです。入賞花に関しては受賞者への電話連絡が有るそうですが、以下の株に関しては御本人は知る由も有りません。 ただ、入賞まで もう少しだったと言う事を ここで御伝えし、次回の励みにして欲しい想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘭展入賞花/切花部門

この蘭展のオリジナルでもある切花部門。  以下の 4品種は認定審査部門の入賞では無く、「海洋博覧会記念公園管理財団理事長賞」と言う奨励賞を受賞した作品です。 Mokara Bangkok Gold (Arachnis hookeriana x Ascda. Madame Kenny) 全くくすみのない鮮やかな黄色が会場を華やか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘭展入賞花/Den.、Dtps.、Lyc.、Epi.

Den. primulinum 'Takako' HCC/OIOS 2010 桜色の花弁にリップの喉もとの黄色が非常に良いコントラストになっています。実は私も この原種を持っているのですが、毎年咲きはするものの、花付きが良くありません。 栽培にも工夫が必要なんでしょうか。 Den. goldschmidtianum fma. r…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘭展入賞花/カトレア・その2

C. coccinea 'Sea Girt Ⅱ' HCC/OIOS 2010 個体名から出品者が お判りかと。 毎年、様々な種類の蘭を出品してくれます。それにしても、以前のソフロニティス属が現在はカトレヤ属かぁ。 最近の分類はサッパリです。 C. trianae 'Rolf Altenburg' HCC/OIOS 2010 交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more