テーマ:沖縄国際洋蘭博覧会 2009

プレイバック 沖縄国際洋蘭博覧会 2009

「更新記録」 ・今年の蘭展の個々のページをリンクしています。→ 「沖縄国際洋蘭博覧会 2009」沖縄で年に一度の国際蘭展が終了して既に一ヶ月余り。 今年は東京ドームと日程が重なりましたが、それでも本州から はるばる沖縄まで蘭を出品して頂いた皆様に感謝いたします。 今回撮影した株は「 356株」。 昨年が 242株だったので一気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/その他1

今年の蘭展に出品された株の紹介も いよいよ大詰め。 その他と一括りにしては以下に紹介する属を御好きな方からクレームを受けそうですが、何とぞ御了承下さい。 Epi. Venus Valley 'Red Diamond' AM/OIOS, Grand Prix (2001) (radicans x King Valley) 199…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/その他2及び切花部門

鉢物審査部門の最後、そして切花部門まで合わせて紹介いたします。 Gongora Gracilis 一応断っておきますが、新垣洋らん園さんの出品では有りません。 それはともかく、この蘭展に出品するための梱包の苦労が偲ばれる原種です。 Masd. Heathii 'Applause' (ignea x veitchiana)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

展示株/Lycaste & Rhy. gigantea

今年の蘭展の紹介もパフィオ、カトレア、デンドロビウム、コチョウランを終えていよいよ終盤。  リカステとリンコスティリスをまとめて紹介いたします。 Lyc. skinneri 'Ayane' 今年の東京ドームの大賞はリカステでしたね。  沖縄に住む私にとってこの属は非常に遠い存在で蘭展の時だけしか見る機会が無いものの、大輪ながら気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/コチョウラン

Dtps. Join Joseph Phal. Sogo Yukidian (Yukimai x Taisuco Kochdian) 最近では むしろ珍しい Phalaenopsis 属の白大輪です。 Phal. U/R (Chain Xen Lady x Sogo Yukidian) 片親は上の品種ですね。 もう片方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/デンドロビウム

パフィオ、カトレアに比べると撮影数が極端に減ってしまう他の属。  申し訳ないです。デンドロビウム属を一気に紹介いたします。 Den. chrysopterum まずはオレンジが鮮やかな原種から。  弁端の黄色が良いアクセントになっています。 Den. spectabile 一転、少々ゲテの雰囲気を感じる花。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/カトレア・クサビ系

カトレアの紹介もこれが最後。  クサビ・スプラッシュ系をまとめて紹介いたします。 Sc. U/R (Sc. Hsinying Excell x C. walkeriana semi-alba 'Tokyo No.1') 'Happy Birthday' まずはミニ系から。  らんの里沖縄の出品です。 Sc. U/R (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/カトレア・白赤(セミアルバ)及び黄色系

画像を整理して気づいた事は、今年は白花を全く撮影しておらず、白赤(セミアルバ)も少なかったですね。 黄色系とまとめて紹介いたします。 Rsc. Pamela Hetherington 'Coronation' (セミアルバ) (Sc. Paradisio x Rlc. Mount Anderson) なんと! 'Coronat…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

展示株/カトレア・ピンク系

後で紹介する濃赤系と明確な区別はありません。 あくまでも個人的な判断でページを分けました。併せて「ピンク~濃色系」として御覧いただければ幸いです。 Rsc. Peggy O'Neill 'Royal Lady' (Rsc. Elizabeth Hearn x C. Lynn Spencer) 私でも知っている超有名個体。 しか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

展示株/カトレア・濃赤系

さて、いよいよお気に入りのジャンルに入ります。既に国内に広く流通している有名品種、そしてまだ導入されたばかりの最新交配。  織り交ぜながら紹介していきます。 Rsc. Sakurayama (Sc. Bonanza x Rsc. Hawaiian Present) 1976年久崎氏の登録 まずはこの蘭展にとって非常に馴染みの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

展示株/カトレア系原種・その1

これから蘭展に出品されたカトレアの紹介に入ります。まずは原種から。  ただし原種と関連付けるため、一部交配種を載せております。御了承下さい。 C. walkeriana 'Yama Hiro' まずはワルケから。  パフィオ同様、この種も選抜同士の交配が開花してどんどんレベルが上がっているようです。しかもこの花立ち!  見事です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/カトレア系原種・その2

まずはルデマニアナを 3株。  いずれも原種とは思えない完成度です。 C. lueddemanniana 'Konoka' C. lueddemanniana 'Luna Rosa' C. lueddemanniana semi-alba 'Falcon Pellegrino' C. trianae '…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/パフィオ・赤系及び点花系その2

入賞花も含め、今年の蘭展に出品されたパフィオもこれで最後。  赤花及び点花系を一気に紹介いたします。 Paph. Super Shot 'Ayane' (Sparsholt x Spotglen) 2007年大和農園の登録 まずは大和農園さんのオリジナル交配から。  ドーサルとペタル中央に荒々しく入った点が独特です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株 2009/パフィオ・赤花及び点花系その1

いよいよパフィオも終盤。 自分にとってパフィオの中でも最も遠い存在のジャンルに入りました。残り 26株。 2ページに分けて紹介させて頂きます。 ・・・大変申し訳ありません。 パフィオで唯一、この株だけネームプレートの撮影を忘れてしまいました。良い花だけに残念、そして申し訳ないです。 Paph. Orchilla 'Chilt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/パフィオ・グリーン花その2

Paph. Tokyo Lovely Magic (Emerald Magic x Stone Lovely) 2007年東京オーキッドナーセリーの登録 Paph. Tommie Hanes 'Althea' (Gwenpur x Greensleeves) やはり銘花と言うものは時代を超えた存在感がありますね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/パフィオ・グリーン花その1

パフィオもいよいよ佳境。  今年もコメントに苦しむジャンルに入りました。なにぶん勉強不足ゆえ、画像だけをだーっと並べていきます。 Paph. Althea Tonkin 'Val' (Yerba Buena x Tommie Hanes) Paph. Emerald Crown 'Royal View' (Green…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/パフィオ・アンバー系

タイトルにはアンバー系と書いていますが、なにぶん不得意なジャンルのため、交配親の系統よりも見た目で分けています。と言うか、私にとってはグリーン(黄色)系でも白系でも点花・赤系でも無い花をアンバー系と認識しています。もっとも、このページで Lippewunder を紹介している時点で既に間違っているような気もしますが・・・。何とぞ御了承下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/パフィオ・白花その2

まずは Paph. Ice Castle = Greyi x White Castle を用いた交配を 3株。 Paph. (Emerald Magic x Ice Castle) 'Sengoku White' 花形、花色共に良い花だと思います。ペタルの傷が残念。 Paph. Coconut Milk 'Clear Wa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/パフィオ・白花その1

さて、いよいよ苦手、と言うか勉強不足な分野に入っていきます。昨年から少しずつこの領域に入り始めてはいるものの、依然として自分にとって遠い存在。  的外れなコメントが多々出てくると思いますが何とぞ御勘弁を。 Paph. Biwa Snow White 'Shiwaku' (Green Festival x Knight's Niv…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パフィオ・特殊交配/沖縄国際洋蘭博覧会 2009

ある意味、これからのパフィオの道を切り開いていく存在になるであろう特殊交配。 愛好家の間でも好みが別れますが、私は このような交配に惹かれます。 Paph. Glitter Gulch 'Yellow Fever' AM/OIOS (2007) (Magic Mountain x malipoense) 二年前に この蘭展で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/パフィオ・インシグネ系

Paph. villosum ・・・大変申し訳ありません。 自宅に戻って初めてピンボケに気づきました。 Paph. villosum 'Yashuha' この亜属は私にとって遠い存在です。gratrixianum との違いが未だに わかりません。 Paph. fairrieanum 'Maeda' 最近の この原種は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/パフィオ・ポリアンサ

何度も書いて恐縮ですが今年の海洋博は東京ドームと日程が重なったので出品がかなり少なかったですね。  特にポリアンサに関し、毎年出品されるロスを全く見なかったのは初めてだと思います。さらに残念だったのは N氏のオリジナル交配の Lebeau (Transvaal 'Southern Cross' x roths. 'Borneo') の出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/パフィオ・パービ、コクロ、ブラキ、フラグミ

3つのセクションとフラグミをたった 1ページで紹介できるあたり、今回の出品がいかに少なかったかを物語っています。 Paph. primulinum 純粋なコクロ系の出品はこの原種のみ・・・。2株出品された中の 1つを撮影しました。 Paph. Depeche Mode (bellatulum x Double Tri…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

展示株/パフィオ・シグマト

これから鉢物審査に出展されたパフィオの紹介を始めます。今年はパフィオに関して全ての出展株を撮影する事を目標にし、初日で既に花が萎れていた株、一品種につき複数の株が出品されていたもの以外、ほぼ全てを撮影出来ました。ただ、今に思えば同じ品種も全て写しておけば良かったかなと思っています。来年への課題ですね。 更に自宅に戻ってからピンボケに気づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次こそは(入賞候補)/切花部門

候補に選ばれながら惜しくも入賞を逃した株。 最後に紹介するのは切花部門です。 Den. 'Queen Pink' まずはデンドロビウムから。 Den. 'パールホワイト' Den. 'ムーンフェアリー' Den. Jiang Ze Hui (Burana Jade x Buddha Tooth) 通常、切花、特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次こそは(入賞候補)/パフィオ&カトレア

これから紹介するのは、認定審査部門入賞を あと一歩で逃した株。 それが何故わかるのかと言うと、それぞれの株元に候補に挙げられた事を記す番号札が取り付けられているからです。入賞花に関しては受賞者に電話連絡が入るそうですが、以下の株に関しては御本人は知る由もありません。 ただ、入賞まで もう少しだったと言う事を ここでお伝えし、次回の励みに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海洋博覧会記念公園管理財団理事長賞

「更新記録」 ・これまでの個々のページをリンクしています。→ 「蘭展情報」これから紹介するのは「海洋博覧会記念公園管理財団理事長賞」を受賞した株。  認定審査部門では無く、言わば「奨励賞」のような位置づけです。 Paph. Pink Bandit (Transvaal x delenatii) 毎年のようにこの蘭展に出品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認定審査部門入賞花/バンダ、リンコ、切花部門

V. lamellata HCC/OIOS まずは V. lamellata を 3株。  この原種に関しては八重山諸島の方々の独壇場と言って良いですね。  毎年数株が入賞していますが、それだけレベルが高い証拠。  全く下葉が落ちない株作りはいつもながら見事です。 V. lamellata HCC/OIOS …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more