テーマ:開花情報

niveum 'Made in Okinawa' が二年連続の開花です

母木 'Orion' ('Select #1' x 'C.R.Cocoon') 我が家の niveum の中では NS が大きく (最大 NS 68mm)、ステムの長さも 15cm を超えた事が有る。 しかしドーサルが波打ち、全体的に点も多いので何となく濁った印象。 1ステム 2輪咲き、ただし 1輪咲きが ほとんど。 国内の交配。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年 御披露目の niveum

母木 'Orion' ('Select #1' x 'C.R.Cocoon') 我が家の niveum の中では NS が大きく (最大 NS 68mm)、ステムの長さも 15cm を超えた事が有る。 しかしドーサルが波打ち、全体的に点も多いので何となく濁った印象。 1ステム 2輪咲き、ただし 1輪咲きが ほとんど。 国内の交配。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国内最後の Screaming Eagle 開花?

もはや自身でも購入した年を覚えていない Paph. Screaming Eagle (Berenice 'Bion' GM/CSA x sanderianum 'Jacobs Ladder')。 リストをチェックしたところ、2003年でした。その間、沖縄国際洋蘭博覧会に於いて、下の二個体を拝見しています。 HCC 入賞/OIOS …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Taida Glaucothum 'Arcadia' が三年ぶりの開花です

仲里園芸さんから購入した台湾産の Paph. Taida Glaucothum 'Arcadia'。 名前の通り、glaucophyllum と micranthum が合わさったプライマリーなんですが、ラベルに詳細が書かれていないため、どちらが母木かは不明。 ただ、株の強健さは micranthum の直接の子供とは思えないほどです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bella Lucia が二年ぶりの開花です

ブラキの三原種が組み合わさった Paph. Bella Lucia (Wellesleyanum 'Purity' x bellatulum 'Big Spots')。 いつも書いているように、我が家としては珍しい concolor の遺伝子が入った系統。 極端な抱え咲きが固定されている・・・と思いつつ、実は開花の度に少しずつ展開してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Delrosi 'Akemodoro' が三年ぶりに咲いてくれました

今から十年近く前、本州からポリアンサ他、割と珍しい系統が沖縄に流れてきた頃にホームセンターで購入した一株が、今日紹介する Paph. Delrosi 'Akemodoro'。 個体名の「明けもどろ」は、朝日を受けて空が次第に赤く染まっていく様を意味する沖縄の古い言葉です。 2013年(NS ; 143 x 83mm、DSW ; 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十一年ぶりのロスの開花です

遡る事 2005年に Fuji Nurs. さんから蕾付きで購入した Paph. rothschildianum ('Tiger March' SM/JOGA x 'Mont Millais' FCC/RHS)。 当時は ('Mont Millais' x 'Val') は元より、確か 'Mont Millais' のセルフなどが全盛の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Paph. Tiger Balm 'Golden Age' が三年ぶりの開花です

大好きな Transvaal 交配の一つ、Paph. Tiger Balm (Transvaal x armeniacum)。 Transvaal とパービの組み合わせとしては、沖縄国際洋蘭博覧会にも数年に一度は出展される Pink Bandit (Transvaal x delenatii) の名が挙げられるものの、micranthu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不精の結果の三輪目

年明け、我が家の今年の開花情報の一番手として紹介したオリジナル U/R (Transvaal 'Verlayne' AM/AOS x Island Mist 'Curiosity') 'Made in Okinawa'。 上は 1月11日に載せたもの。 ↑ これは1月下旬に開いた2輪目。 そして花が終わってもステムをカットし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2輪目は こんな感じでした

年明け、我が家の今年の開花情報の一番手として紹介したオリジナル U/R (Transvaal 'Verlayne' AM/AOS x Island Mist 'Curiosity') 'Made in Okinawa'。 過去、母木寄り、花粉親(ブラキ)寄りと咲いてきた中、今回は母木寄りの花でした。実は蘭展の画像を紹介する前、1月下旬に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の一番手はオリジナルから

既に年明けから十日余りが過ぎていますが、今年も宜しくお願いいたします。ブログの今年最初の更新は、自身のオリジナルから。 U/R (Transvaal 'Verlayne' AM/AOS x Island Mist 'Curiosity') です。 母木に用いたのは Paph. Transvaal 'Verlayne' AM/AOS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lawless Le Prophete 'Neo Esprit' が咲きました

我が家の 2015-2016シーズンは、Transvaal 及び その F1世代を中心として始まりました。先に紹介した Transvaal 'Ordinary' とは交配親が全く異なるものの、F1世代の一つ、Paph. Lawless Le Prophete 'Neo Esprit' (Conco-bellatulum 'Exotica…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015-2016シーズン開幕

今や月に一度の更新に なってしまった当ブログ。 過去 十年近くに渡り、花の無い初夏から初冬にかけて行っていた「今日のパフィオ」を止めたため、十周年を迎えたブログも風前の灯火と言った感じでしょうか。 そんな中でも今のところは二年に一度、律儀に咲いてくれる株が 2015-2016シーズンの幕開けを飾ってくれました。小金井さんから購入した P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gloria Naugle 初開花!

今日紹介する Gloria Naugle は もう十年以上前、今は蘭販売を止めてしまった個人業者さんから購入した株です。これまで我が家ではロスとパービの組み合わせとして Delrosi と Dollgoldi が咲きました。いずれも実生苗の購入ながら、平均点以上の花が咲いたと思ってます。さて、我が家初開花の Gloria Naugle …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリジナル Benkei 三個体目の開花

2009年 5月に咲いたオーキッドゾーン交配の S. Gratrix 'Black Pearl' (bellatulum 'Tyger Tyger' x leucochilum 'Oz')。 花は小粒ながら予想外に濃色の花です。   そして同じく 2009年の 6月に咲いた Paph. leucochilum 'Black Pearl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こっちが母木です

先日、オリジナルの niveum の実生として五株が初開花を迎えました。既に散々紹介しているので、画像は下のセレクトだけ。画像左 ; 'Made in Okinawa'、 画像右 ; 'Churahime' 今日紹介する 'Orion' は、そのオリジナルの母木に当たる個体。 国内産、2輪咲き、丈夫な性質の三点から、自身の ni…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Island Mist 'Curiosity' が咲きました

我が家唯一のアルバ個体 Paph. Island Mist 'Curiosity' (Greyi x Mystic Isle)。 先日開花を終えたオリジナルの niveum 5個体よりもリーフスパンと NS が小さく、しかも咲き急いでしまう性質を持っています。 2014年(NS ; 52 x 45mm、DSW ; 36mm、PW ; …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Cloud's Mutant X 'Poseidon' が咲きました

咲く度に moquetteanum の能力を強く感じる Paph. Cloud's Mutant X 'Poseidon' (leucochilum x moquetteanum)。 登録者は海外の方ですが、あらためて思うに、Mutant と言う名前を付けているのを見ても、親が違えど予想以上に大きい花が咲いているのでは? 勝手に そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後にしてトップフラスコからの開花

母木 'Orion' ('Select #1' x 'C.R.Cocoon') 我が家の niveum の中では NS が大きく (最大 NS 68mm)、ステムの長さも 15cm を超えた事が有る。 しかしドーサルが波打ち、全体的に点も多いので何となく濁った印象。 1ステム 2輪咲き、ただし 1輪咲きが ほとんど。 国内の交配。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリジナル niveum 2~4個体目までを一気に

母木 'Orion' ('Select #1' x 'C.R.Cocoon') 我が家の niveum の中では NS が大きく (最大 NS 68mm)、ステムの長さも 15cm を超えた事が有る。 しかしドーサルが波打ち、全体的に点も多いので何となく濁った印象。 1ステム 2輪咲き、ただし 1輪咲きが ほとんど。 国内の交配。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.Gratrix 'Moon Child' が三年連続の開花です

今日紹介する S.Gratrix 'Moon Child' は、先日書いたように、もはや懐かしいとさえ感じる bellatulum 'Kawai' の初代の系統 (godefroyae '51810' x bellatulum 'Kawai' BM/JOGA)です。我が家では 2010年に初めて咲きました。 2010年 (NS ;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lady Isabel 'Flying Dragon' が三年ぶりの開花です

2009年に大和農園さんのサマーセールで特価販売を知り、思い切って 2株購入したPaph. Lady Isabel (stonei 'YS-F' x rothschildianum 'Rex' FCC/AOS)。 兄弟株の 'Hayabusa' は 2013年に二度目の開花を終えています(下の画像)。 2013年(NS ; 185 x…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリジナル niveum 初御披露目

母木 'Orion' ('Select #1' x 'C.R.Cocoon') 我が家の niveum の中では NS が大きく (最大 NS 68mm)、ステムの長さも 15cm を超えた事が有る。 しかしドーサルが波打ち、全体的に点も多いので何となく濁った印象。 1ステム 2輪咲き、ただし 1輪咲きが ほとんど。 国内の交配。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(Helice x James Bacon)が二年ぶりの開花です

母木に用いたのは Paph. Helice (bellatulum '#2' x Psyche 'Naoto')。 この花が咲いた時の衝撃は今でも覚えています。それまで niveum の遺伝子が入った交配(Psyche = niveum x bellatulum) は白い花しか咲かないという固定概念を持っていたので、この株の開花によって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

St. Swithin 'Soyuz Flight' が二年連続の開花です

数年前、知人が入院する際に譲り受けた株。 元々は本州から流れてきた株で、我が家で咲いた時に Saint Swithin と判明した次第。2011年(NS ; 225 x 140mm、DSW ; 40mm、PW ; 10mm、Stem ; 320mm) その時の印象は、philippinense のペタルが綺麗に展開した花。 ドーサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

bellatulum 'Argo' が二年ぶりの開花です

2013年のアジア太平洋蘭会議 APOC11 の際、北軽ガーデンさんから蕾付きで購入した Paph. bellatulum ('Nod' x 'Blinkin')(Z-7481)。 その前年は別系統、と言っても片親の 'Nod' が共通している株を購入し、思った以上に私好みの花が咲きました(下の画像)。'Artist' ('Winkin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Transvaal 'Kakashi' が三年ぶりの開花です

ヒロタさんから購入した Paph. Transvaal 'Kakashi' (chamberlainianum var. latifolium x rothschildianum 'Hamana' BM/JOGA)。 少々毛色の異なる var. latifolium という変種を用いた系統で、ドーサルに入るラインが咲く時によって様々な表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more